さがみはら緑区版 掲載号:2012年5月31日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

医療レポート 生活習慣病の早期診断・治療を 糖尿病・代謝内分泌を中心に診療受付

山口真哉・代謝内分泌内科部長
山口真哉・代謝内分泌内科部長

 「相模原協同病院」(相模原市緑区橋本2の8の18、高野靖悟院長)は、県北・多摩エリアの総合病院として、長年にわたり地域中核病院の役割を担ってきた。

 同院の総合内科に併設の代謝内分泌内科の部長に、この4月から山口真哉医師が着任。「様々な要因から生活習慣病患者、その予備軍と呼ばれる方々は増加する一方です。正しく健康情報を提供して生活改善を促し、疾病予防をすることが大切です」と呼びかける。

 同科では、糖尿病やバセドウ病、橋本病といった甲状腺疾患の外来の他、下垂体疾患、副腎疾患といった比較的稀な病気の診療も行っている。「当科の役割は、生活習慣病の方や治療中の方は、動脈硬化を基盤にした心血管系の病気の発症の危険性があるので、それらを防ぐための早期診断、治療を行うこと。糖尿病治療ではインスリン療法も含め、科学的根拠に基づきつつ各個人に合わせた治療や、細小血管障害のみならず動脈硬化症を発症・進展させないことです」と山口医師。緊急入院を要する状態では、速やかに対応できる体制も整えているという。

 また糖尿病には、近隣の医院と連携し、クリニカル・パスを採り入れた教育入院システムも導入。「14日間の入院で糖尿病の学習、食事療法の指導、合併症の検査・治療を並行して進めていきます。一部の患者さんに外来インスリン導入も行っているので、ご相談ください」と話している。
 

相模原協同病院

相模原市緑区橋本2丁目8番18号

TEL:042-772-4291

http://www.sagamiharahp.com/

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6件

今、求められる学力とは

参加費無料

今、求められる学力とは

2月15日号

「空家の実家」どうする?

好評につき第29回

「空家の実家」どうする?

2月8日号

失敗しない住宅塗装の為に…

屋根・外壁塗装リフォーム相談会

失敗しない住宅塗装の為に…

2月8日号

「サイバーナイフの治療」

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

「サイバーナイフの治療」

2月8日号

パンジー・ビオラがなっなんと1円

泉質が人気の天然温泉。橋本駅から送迎バスもあり!

天然温泉ロテン・ガーデン 町田市相原町

泉質が人気の天然温泉。橋本駅から送迎バスもあり!

2月1日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク