さがみはら緑区版 掲載号:2012年6月7日号
  • googleplus
  • LINE

優勝は古清水A 大沢地区わんぱく相撲大会

文化

相撲文化が根付く大沢地区
相撲文化が根付く大沢地区

 大沢地区恒例の「第29回わんぱく相撲大会」が5月27日、大沢小学校体育館で開催された。

 同大会は、30年続く歴史ある催しで、大沢公民館区内在住の小学生による子ども会対抗で行われた。当日は1チーム6人で編成し、31チームが参加。会場が熱気に包まれる中、古清水Aチームが見事優勝。準優勝に上大島第一Bチーム、第三位にときわCチーム、塚場Aチームが輝いた。

相撲と縁が深い大沢

 大沢地区には相撲に縁が深い「岩倉の手玉石」という大きな石がある。かつて地区内に住んでいた岩倉という怪力の力士が、この石を手玉に取ったことが由来とされている。その縁で同大会が行われているという。
 

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6件

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク