さがみはら緑区版 掲載号:2012年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

市民団体アプフェル 「放射線から命を守ろう」 30日 住民つなぐ学習会

 「子どもを守りたい」という共通の想いで教職員と保護者がつながればと今週末30日(土)、「放射能から自分とみんなを守るための放射線授業と交流会」が杜のホールはしもとで開催される。講師には、「子どもたちのいのちを守るための放射線学習」に取り組む現役の教諭・青島正晴さん(横浜市立小学校)。小学生でもわかる授業を展開し、現場で起きている放射能にまつわる問題の共有を目指す。

 主催は「放射能知って子どもを守る会アプフェル」(山本裕子代表)。同会は放射線測定を自分たちで行い、正しい情報を知ることで対策や悩みを語り合おうと今春結成された。メンバーのほとんどは母親たち。測り続けて、「身の回りにはいつまでも放射能がある」ことがわかった。だからこそ「給食の食材は大丈夫かと心配し、運動会で土ぼこりを吸うにもやきもきする」が、そのような不安を口に出しにくい風潮もある。

 同会は今春、市内の幼稚園や保育園を訪ね、子どもの内部被爆への取り組みの話を聞いた。すると、親と同様に子どもの安全性を危惧し、放射線について正しい情報を得たいと思う教職員も少数いることに気付いた。「親と同じような想いでいるならば手をつなぐべき。集まってつながれば社会を変えていく力になる」と山本代表は感じたという。

 青島さんが立ち上げた団体「放射線教育を考えるネットワーク」では、放射線について正しい知識を持ち、内部被爆から子どもを守る方法を考え、市民の側から大きなムーブメントを起こそうと活動している。この存在を知った山本代表は5月に団体に参加。つながりが生まれたことから今回の講演となった。「命が守られる社会の仕組みを作るためにこそ、市民が動く必要がある」と山本代表は話す。

 当日は、「放射線はどんなものか」「普段の生活で気をつけることは」などをクイズ形式で紹介。小学生が母親と一緒に聞いてもわかる授業を展開する。「本当のことを、お母さんにも子どもにも伝えていきたい。現場の先生に質問したい人は来て欲しい」と山本代表は来場を呼びかける。時間は午後2時〜4時。参加費300円(学生無料)。要事前予約。交流会も有。詳細や予約は【携帯電話】070・5032・1502山本さん。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

新シーズンへ、決意新たに

SC相模原ノジマステラ

新シーズンへ、決意新たに

2月15日号

橋本に防犯メジャー設置

造園技能検定に6人合格

相原高校環境緑地科

造園技能検定に6人合格

2月8日号

「相模原からボート熱を」

市内在住荒川鐡太郎さん

「相模原からボート熱を」

2月8日号

市全域、一体で鳥獣対策

救急出場件数が過去最多

2017年市消防

救急出場件数が過去最多

2月1日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク