さがみはら緑区版 掲載号:2012年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

夏の湖上を照らす5千発 2年振り さがみ湖花火大会

文化

県内屈指の歴史を誇る花火大会
県内屈指の歴史を誇る花火大会

 山紫水明の相模湖で打ち上げられる花火―。昨年は震災の影響により中止となった「第63回さがみ湖湖上祭・花火大会」が2年ぶりに開催される。日程は8月1日(水)午後7時半から9時。会場は県立相模湖公園、相模湖湖上。主催は、さがみ湖湖上祭実行委員会。

 この花火大会は1948年にスタート。県内でも有数の歴史を誇っている。上空400mで400m程開くという尺5寸玉や八号玉、人気の各種スターマインなど5000発が打ち上げられ、フィナーレは約1Kmにも及ぶナイアガラの滝で締めくくられる。雨天の場合は翌日に順延。

 また、先祖の供養のため相模湖湖上に灯篭を流して御霊を慰めるトーロー流しや与瀬神社例大祭、慰霊祭、湖上囃子や権現太鼓などの郷土芸能などが、花火大会に華を添えるイベントとして行われる。

 当日は国道を除く会場周辺の道路が規制されるため、主催者は「駐車場に限りがあるので、なるべく電車でお越し下さい」と呼びかけている。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク