さがみはら緑区版 掲載号:2012年10月18日号
  • googleplus
  • LINE

文楽協会技芸員・人形遣い 小川 卓也さん(桐竹(きりたけ)勘介さん) 緑区日連出身 18歳

歩み始めた300年の道

 ◯…それはウルトラマンや仮面ライダーのようなヒーローだった。毎年、近所の大石神社で行われていた人形浄瑠璃の公演。幼稚園児の時に見た”人間以上に表情豊かな”人形に、心を奪われた。「その時から人形遣いになりたいと思いました」。15歳にして、300年の伝統を誇る文楽(ぶんらく)の道へ。現在は足遣い(あしづかい)の1人として、3年目の舞台を踏んでいる。明後日20日(土)には地元(杜(もり)のホールはしもと)での凱旋公演を控える。4年前の同ホールでの公演は、客席から眺めていた。

 ◯…2003年に廃校した藤野町立篠原小学校の出身。過疎化が著しいエリアで、入学式は何と1人。5人の先輩に迎えられた。「先生の方が多かった。みんな友達で楽しかったです」。そして中学のとき、真剣にその道を志すように。文楽関係の本を読みあさり、公演に足を運んだ。夜行バスを使い、1人で大阪の文楽座にも。「ずっと言っていましたから。夢を捨てなかったんだなって」(母・瑞穂さん)。中学校の許可をもらい、在学中から、舞台を手伝った。卒業後、晴れて文楽協会に入門。”桐竹勘介”として、門出をきった。

 ◯…大阪で暮らし、1年のほとんどは公演に追われる。すっかり関西弁も身についた?よう。まわりは全て男性。約80人の先輩に囲まれ全国を旅する。休みの日は義太夫節(ぎだゆうぶし)を流しながら部屋掃除。文楽漬けの毎日で、最近は地元の同級生との会話がちぐはぐに…。

 ◯…足遣い10年、左遣い10年と言われる人形遣いの世界(それで主遣い(おもづかい)になれる)。会話ができない舞台で、主遣いは腰でサインを送る。足遣いはその筋肉の動きを察知し、人形の動きを読む。動きのない場面では、1時間ずっと同じ姿勢でいることも。「楽しんでやっています。(一番年下なので)いじってもらいながら」。目標は色々な人形を扱えるようになること。「今はがんばるしかないですから」。若者はこれからの300年を歩み始めた。
 

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

後藤 優輝さん

「相模原市学生消防団活動認証制度」の第1号に認証された

後藤 優輝さん

2月8日号

西ヶ谷 隆之さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督に就任した

西ヶ谷 隆之さん

2月1日号

牧野 鉄平さん

川崎グリーンライズ相模原の主将を務め、「日本中学生アメリカンフットボール選手権」で日本一に輝いた

牧野 鉄平さん

1月25日号

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

現在上映中のオール相模原ロケ映画「ホペイロの憂鬱」で森陽介役を演じる 

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

1月18日号

渡邉 博明さん

公益社団法人津久井青年会議所の第37代理事長に就任した

渡邉 博明さん

1月11日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク