さがみはら緑区版 掲載号:2012年10月25日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

医療レポート 11月から新生児集中治療室を再開 地域の周産期医療への貢献を目指す

NICU担当の狐崎医長(前列右端)と小児病棟の看護師
NICU担当の狐崎医長(前列右端)と小児病棟の看護師

 「相模原協同病院」(高野靖悟病院長)は、県北・多摩エリアの総合病院として、長年にわたり地域中核病院の役割を担ってきた。

 その同院では、2006年から閉鎖していたNICU(新生児集中治療室)を11月から再開する。

 現在、県が地域医療の充実を図り、推進する「地域医療再生計画」の医療体制強化分野の一つに、小児・周産期医療が挙げられる。同院では、その計画に合わせ、大幅に施設を改修。先端機器を備えたNICU6床と、継続保育室(GCU)6床で再開、新生児・急性心疾患搬送用のドクターカーを導入することとなった。

 年々分娩数が増加し、年間約419(2009〜11年度平均)の新生児が誕生している同院の産婦人科。今回のNICU再開、ドクターカーの導入によって、同院で出産する妊婦とその家族に、より安心で安全な医療を提供し、地域産婦人科医院との連携も図っていきたいという。また、重篤、手術が必要な新生児には、地域基幹病院である北里大学病院と連携をとり、地域の周産期医療の円滑な運営にも貢献していくことも目標に掲げる。「新生児の状態が早く安定するよう治療に努めるのはもちろん、『家族とふれあうNICU』をテーマに、新生児とご家族が少しでも和み、居心地の良いNICUを目指していきたい。退院後も、新生児の発育発達を定期継時的に見守り、ご家族も含めた育児サポートを行っていくように努めていきます」と狐崎雅子医長は話している。
 

相模原協同病院

相模原市緑区橋本2丁目8番18号

TEL:042-772-4291

http://www.sagamiharahp.com

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6件

今、求められる学力とは

参加費無料

今、求められる学力とは

2月15日号

「空家の実家」どうする?

好評につき第29回

「空家の実家」どうする?

2月8日号

失敗しない住宅塗装の為に…

屋根・外壁塗装リフォーム相談会

失敗しない住宅塗装の為に…

2月8日号

「サイバーナイフの治療」

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

「サイバーナイフの治療」

2月8日号

パンジー・ビオラがなっなんと1円

泉質が人気の天然温泉。橋本駅から送迎バスもあり!

天然温泉ロテン・ガーデン 町田市相原町

泉質が人気の天然温泉。橋本駅から送迎バスもあり!

2月1日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク