さがみはら緑区版 掲載号:2012年11月15日号
  • googleplus
  • LINE

大沢地区 一流アスリートと交流 本物にふれ「将来に繋げて」

スポーツ

 地域で本物に触れよう実行委員会(中里裕行代表)が主催する「内出の森スポーツフェスタ」が11月24日(土)、大沢地区で開催される。バドミントン、バスケットボール、卓球の国内一流選手を招き、交流することで、子どもたちに将来への夢や希望を持ってもらうことがねらいだ。

 感性が豊かな成長期にある子どもたちに各分野で活躍する一流プレーヤーの姿を見せて、そこから何かを感じてもらいたい―。その想いを形にするため、昨秋、内出中学校と大島、二本松小学校のPTAを中心に実行委員会を結成。今年3月、第一弾としてプロのオーケストラであるNHK交響楽団団友会を招いたコンサートを行った。

 今度は一流アスリートを呼ぼうと、スポーツフェスタを企画。バルセロナ五輪に出場し、全日本選手権3連覇も果たしたバドミントンの森久子氏、元日本代表主将で現在は県内高校に勤務するバスケットボールの三宅学氏、元全日本学生チャンピオンで卓球の高木和健一氏の3人を招待することになった。

一流の技を間近で

 当日は、午後1時からバドミントンと卓球を内出中体育館で、バスケットを大島小体育館で実施。それぞれの講師による実技指導や対戦を行なった後、3時5分からは、内出中体育館に場所を移し、「夢を実現するために」、「挫折を乗り越えて」などをテーマに、3人の体験談を聴くことが出来る。

 また、講演の前には、米国等でフリースタイルバスケットを広める活動を行っているプロバスケパフォーマーの3人組ユニット”REVIBE”のパフォーマンスも予定されている。

 同実行委員会では「直にその道を極めた”本物”に触れることで、自分の未来像を描くきっかけになってもらいたいと思っています。また、当日のボランティアや実行委員会のメンバーも募集しているのでご参加下さい」と話している。なお、当日参加したい人は直接各会場へ(申込不要)。

 問い合わせは、同実行委員会の中里裕行代表4090・1409・6870へ。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

新シーズンへ、決意新たに

SC相模原ノジマステラ

新シーズンへ、決意新たに

2月15日号

橋本に防犯メジャー設置

造園技能検定に6人合格

相原高校環境緑地科

造園技能検定に6人合格

2月8日号

「相模原からボート熱を」

市内在住荒川鐡太郎さん

「相模原からボート熱を」

2月8日号

市全域、一体で鳥獣対策

救急出場件数が過去最多

2017年市消防

救急出場件数が過去最多

2月1日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク