さがみはら緑区版 掲載号:2013年1月24日号
  • googleplus
  • LINE

JFLSC相模原 ホーム初戦 町田と激突 3/16 麻溝で境川ダービー

開幕に向け調整中の選手
開幕に向け調整中の選手

 昨年、JFL昇格を決めた地元サッカークラブ・SC相模原のホーム初戦(第2節・3月16日(土))の相手は、FC町田ゼルビアに決まった。市立麻溝公園競技場で午後1時キックオフ。新加入選手も合流し、2013年をスタートさせた相模原。JFLの覇権争いで主導権を握るためにも、まずは制しておきたい重要な一戦となった。

 相手にとって、不足なし。相模原の選手たちは昨年暮れ、第2節・ホーム初戦で町田を迎え撃つことを知った。隣り合う市のチーム同士の対決とあって、選手たちも来たる境川ダービーを喜んでいたという。チームは、今年9日から始動した。全体ミーティングで昨年から引き続きチームスローガン「共に育ち、共に戦う」を確認し、昇格元年の戦いに向けて実践を多く取り入れたトレーニングを積んでいる。2月にはジェフ千葉、栃木SCとのテストマッチも控える。

 今年も木村哲昌監督が指揮を執る。選手たちに求めるのは、こちらも昨年に引き続き「人間力」。木村監督はこれまで「サッカー選手である前に、一人の人間」と選手たちに説き、ピッチの内外で貢献できるチームづくりにも取り組んできた。戦術は「守備から攻撃へのスムーズな展開と90分全力で」。選手個人のスキル、体力の向上が当面の課題。補強の新加入選手を交え、チームとしての底上げと成熟度アップをめざしていく。目標はあくまで優勝。「昇格、即優勝をめざして戦います」と木村監督。ファン拡大はもとより、チームに勢いをつけるためにも、町田とのダービーで勝利をつかみたいところだ。

 ホーム初戦は、競技場の内外でお祭りムードとなる。チーム関係者によると、子ども連れのファンが多いことから、家族向けのイベントを計画中。出店も多数並ぶという。勝利とともに、ファンに夢を与える試合に期待が高まる。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

新たな動脈「東西道路」開通

「100年クスノキ」後世に

相原高校

「100年クスノキ」後世に

3月29日号

ダムアワードを初受賞

相模・城山宮ヶ瀬ダム

ダムアワードを初受賞

3月22日号

スポーツ通じ「共生社会」を

市内障害児・者支援団体

スポーツ通じ「共生社会」を

3月22日号

上位進出めざし、発進

ノジマステラ神奈川相模原

上位進出めざし、発進

3月15日号

「桜」巡るスタンプラリー

相模原市

「桜」巡るスタンプラリー

3月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク