さがみはら緑区版 掲載号:2014年2月6日号 エリアトップへ

インフルエンザ 市内で警報レベルに 今年はB型が増

社会

掲載号:2014年2月6日号

  • LINE
  • hatena

 全国で猛威を振るっているインフルエンザ。相模原市でも第4週(1月20日〜26日)の1定点医療機関あたりの罹患患者報告数が36・85人と国立感染症研究所が定める警報レベルを超えた。同時期に市内の小学校でも学級閉鎖が相次いでおり、市では警戒を呼び掛けている(1月31日時点)。

 例年1月下旬から2月にかけて猛威をふるうインフルエンザ。1日〜5日の潜伏期間をおいて、鼻水、鼻づまり、喉の痛み、咳、痰、筋肉痛、倦怠感といった症状が現れるという。

 相模原市内では、第3週(1月13日〜19日)までの1定点医療機関あたりの罹患患者報告数が12・44と注意報レベルだったが、第4週(1月20日〜26日)に入り急激に罹患患者数が増え、その数は約3倍の36・85人。国立感染症研究所が定める警報レベル30人を超えた。

 神奈川県内でも、同じく第4週の1定点当たりの報告数が31・52人となり、警報レベルに。中でも厚木市が57・00人と最も多く、次いで茅ヶ崎市が48・91人、相模原市の順で報告されている。昨年も、県内では同じ第4週で警報が発令されており、例年並みの流行レベルだという。「例年、2月中旬あたりにピークが来るため、患者数はこれからも増えることが予想される」と市保健所は予測する。

 加えて、今年の特徴として、インフルエンザB型の患者数が多いという。インフルエンザにはA型・B型・C型の3種類があり、例年この時期に多いのがA型。A型の流行が過ぎた春ごろにB型が見られることが多い。A型とB型では、その症状はほとんど同じで「B型は腹痛を起こしやすいと言われている。なぜB型が多いのかは現時点ではわからない」と話している。

学級閉鎖も急増

 罹患患者報告数と同時に第4週で増えたのが、市内小・中学校の学級閉鎖の数。前週に、学級閉鎖を行った学級数は12だったが、第4週は95と約8倍に急増した。「これから2月中旬まで患者数は増えることが予想されるため、マスクの着用と手洗い、うがいをしっかり行い予防に努めてほしい。もし、インフルエンザの症状がみられるようなら、かかりつけ医、専門医に早めにかかって」と呼びかけている。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

ワクチン3回目接種が柱

相模原市12月補正予算案

ワクチン3回目接種が柱 経済

一般会計、総額約68億円

11月25日号

"本物"トーチに大興奮

旭小学校

"本物"トーチに大興奮 社会

疑似聖火リレーを体験

11月18日号

3回目 高齢者は1月開始

新型コロナワクチン接種

3回目 高齢者は1月開始 社会

65歳以上の予約、市主導で

11月18日号

統合前に「さよなら壁画」

相模原総合高校

統合前に「さよなら壁画」 教育

2023年度の再編 機に

11月11日号

「相模原で合議制裁判を」

「相模原で合議制裁判を」 社会

市長ら、横浜地裁へ要望

11月11日号

最高賞に田名小PTA

SDGsアワード

最高賞に田名小PTA 社会

市内JCと市、協働で開催

11月4日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook