さがみはら緑区版 掲載号:2014年2月20日号 エリアトップへ

三ヶ木宮川周辺 住民一体でホタル復活へ 市2例目の保全区域指定

文化

掲載号:2014年2月20日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市は2月3日、三ヶ木地区を流れる水路(通称・宮川)周辺で、ホタルの保全活動を行う「三ヶ木ホタル保存会」の活動区域を「水辺環境保全等活動区域」に指定した。これにより、ホタルの捕獲などが規制され、行政によるサポートも受けられることから、ホタルの生息数が飛躍的に増えることが期待される。

 この指定は「相模原市ホタル舞う水辺環境の保全等の促進に関する条例」に基づいたもの。指定を受けることで、ホタルの捕獲に規制が設けられる他、生息環境の保全・再生活動に対し、市から様々な支援を受けられる。市内では2009年の青野原地区に続き2例目で、今回は三ヶ木字馬場他約0・34haの区域が指定された。

 三ヶ木・宮川周辺のホタルは1950年頃まで、数多く見られていた。年々減少し、見ることかできなくなったこのホタルを復活させようと、地域有志で「三ヶ木ホタル保存会」(小野沢金蔵会長、会員数31人)を2008年4月に発足。これまで、周辺の清掃・除草及び下草刈り、水路の整備、生物生息調査の他、定期的なパトロールを実施。あわせて、地元小学生や園児に向けたホタルの自然観察会や、「蛍まつり」の開催などを通じて、周知活動にも力を入れてきた。その結果、昨年は約100匹のゲンジボタルやヘイケボタルが確認できるまでになった。

 さらに、同保存会はホタルを中心とした、散歩コースや見学スポットの整備を進めることを計画。最終的には「ホタルの里」を作ることも、構想に入れており、その第一歩として市へ申請を行い、今回の指定へとつながった。

 3日の指定を受け、5日には小野沢会長ら理事3人で相模原市役所を訪問して認定通知書を授与。小野沢会長は「今までの経験を元に、ホタルの生息を増やすための活動を強化するとともに、子どもたちの環境教育の場として活用していきたい」と話している。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

SC経営 DeNAが参画

SC経営 DeNAが参画 スポーツ

地域振興にタッグ

3月4日号

23年義務教育学校へ

新校は既存校舎を増改築

23年義務教育学校へ 教育

2月25日号

SC相模原 いざJ2開幕

SC相模原 いざJ2開幕 スポーツ

28日、初戦は京都サンガ

2月25日号

3.7千万円の「恩返し」

緑区地域医療を支える会

3.7千万円の「恩返し」 社会

コロナ奮闘 協同病院へ寄付

2月18日号

6年ぶり減の2,989億円

当初予算案一般会計

6年ぶり減の2,989億円 政治

緊縮編成 コロナ対策継続

2月18日号

気候研究で環境大臣賞

ふじの里山くらぶ

気候研究で環境大臣賞 文化

5年間の活動が評価

2月11日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク