さがみはら緑区版 掲載号:2014年5月22日号 エリアトップへ

相模原市 新型インフルへ対応訓練 協同病院と合同で

掲載号:2014年5月22日号

  • LINE
  • hatena
防護服を着て実施した訓練
防護服を着て実施した訓練

 相模原市は5月13日、相模原協同病院(緑区橋本)と連携して、市内で新型インフルエンザに感染した患者が発生したことを想定した対応訓練を実施した。市では、2008年に独自の訓練を単独で行ったことがあったが、医療機関と合同で訓練を行うのは今回が初。

 新型インフルエンザは、鳥インフルエンザA(H7N9)等がヒトからヒトへ感染した場合に認められる感染症。現在、中国で鳥インフルエンザに感染した患者が発生し、死亡者が出ているものの、ヒトからヒトへの感染はまだ確認されていないという。4月には、熊本県でも鳥インフルエンザ(H5N8亜型)が確認されている。

 そうした中、相模原市では昨年11月、新型インフルエンザや過去に世界で流行した再興型インフルエンザ、新感染症が発生した場合を想定した「新型インフルエンザ等対策行動計画」を策定。感染拡大を可能な限り抑制し、市民の健康、生活、経済への影響を最小にすることを目的としている。

 今回の対応訓練は、その行動計画に基づいて行われた。市では、2008年に単独での独自の対応訓練を実施していたが、今回は医療機関との連携強化を図り、市内で唯一の第二種感染症指定医療機関であり、感染症病棟を持つ相模原協同病院と初めて合同で訓練を実施した。

実戦的な訓練を実施

 当日の訓練は、海外で新型インフルエンザの患者が発生し、発生国から帰国して感染の疑いがある市内在住者から、市が連絡を受けたことを想定。市保健所が入る「ウェルネスさがみはら」を患者の自宅と想定し、聞き取り調査から、防護服を着ての帰国者・接触者外来(想定・相模原協同病院)までの搬送、同外来での診察・検査、市衛生試験所への搬送といった一連の流れを実践、確認した。

 今回の訓練を受けて、相模原協同病院の高野靖悟病院長は「万が一に備えてこうした実践的な訓練を実施するのは重要なこと。感染患者が発生しないことが何よりだが、蔓延しないよう最小に抑えることが病院の役割。今後も行政と一体となって迅速な対応ができるよう努めていきたい」と話している。市疾病対策課では「イメージはできていても、こうした訓練を行うことで、いざという時に行動しやすくなる。病院側との連携も確認でき、万が一の時に迅速に行動する足掛かりになった」と訓練を振り返っていた。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

「寄り添う」支援 国から表彰

くすのき広場

「寄り添う」支援 国から表彰 社会

地域ぐるみで6年目

2月27日号

「鯉のぼり」今年行わず終幕

「鯉のぼり」今年行わず終幕 文化

担い手不足など運営困難

2月27日号

過去最大の3072億円

2020年度当初予算案

過去最大の3072億円 経済

5年連続増 台風関連重点

2月20日号

本館が新オープン

津久井合同庁舎

本館が新オープン 社会

「津久井の発展に寄与を」

2月20日号

ホンジュラス大使らと交流

橋本RC

ホンジュラス大使らと交流 社会

「安全なお産」支援事業で絆

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

9年ぶりの頂点目指す

東海大相模

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

「春の選抜」出場決定

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク