さがみはら緑区版 掲載号:2014年6月19日号 エリアトップへ

相模川第一漁業協同組合の代表理事組合長を務める 篠崎兊(とおる)さん 中央区田名在住 72歳

掲載号:2014年6月19日号

  • LINE
  • hatena

魚釣りで学んだ挑戦心

 ○…相模川上流部と支流の中津川中流域を管理する相模川第一漁業協同組合の長として今月1日の鮎解禁を迎えた。今年は例年に類を見ない、天然鮎の遡上が多いシーズンと頬を緩める。だからこそ、女性や子どもなど、今まで魚釣りと縁が無かった人にも、果敢に挑戦して欲しいと願う。夏には鮎釣り教室、秋にはこども釣り教室を予定。全国で釣り人口が減少する中、魚釣りの楽しみを知るきっかけを提供する。

 ○…九人兄弟の四男として田名で生まれた。相模川で漁業を営んでいた父の影響から、魚釣りが身近にある環境で育った。小学校低学年で早くも鮎釣りを体験。仕掛けを工夫すると釣果が上がるのが面白かった。仕事では技術力が売りの建設会社を一代で起こした。息子に引き継いだ後は、全国各地の清流を遠征。四国・吉野川では落差の大きい急流を遡上する鮎に固唾を呑んだ。「同じ鮎釣りでも、その場所で釣り方が全く違う。釣りの奥深さを感じました」

 ○…漁業組合の職務に尽力する一方で、2005年からは愛川町でしいたけ栽培を始めた。魚釣りと同様、「研究が成果につながる」と目を輝かせる。山梨県に工場の増設も行った。休日も無く、忙しく汗を流す毎日にも「好きでやっていることだから続けられる」とはにかんだ。

 ○…魚釣りで学んだ研究する姿勢は、経営者として大切な「時代の先を読む目」を養ってくれた。建設業では、地中を掘削すると同時に管を埋設させる推進工法にいち早く着手し利益を上げた。しいたけ栽培では、独自に開発した機械が生産力を支えている。組合長として挑む課題の一つは釣り人を増やすこと。昨年同様、リアルタイムで釣果情報を発信するほか、釣り教室の回数を増やすなど、親子で魚釣りを楽しめる試みを模索する。釣り上げたときに見せる子どもの満面の笑みが浮かぶ。自身が味わった感動を早く体験させたい。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

石井 茂さん

2020年度の消防庁長官表彰を受けた

石井 茂さん

中央区東淵野辺在住 59歳

10月29日号

木口 真治さん

神奈川県 県央地域県政総合センターの所長に就任した

木口 真治さん

相模原市出身 56歳

10月22日号

萩原 真澄さん

神奈川県畳工業協同組合相模原支部の支部長についた

萩原 真澄さん

中央区高根在住 57歳

10月15日号

茅 明夫さん

先ごろ発足した「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」の発起人代表を務める

茅 明夫さん

中央区淵野辺在住 70歳

10月8日号

清水 謙二さん

設立30周年目に入った「相模原市ゴルフ協会」の会長を務める

清水 謙二さん

中央区上溝在住 79歳

10月1日号

浅利 昌男さん

学校法人麻布獣医学園の第16代理事長に就任した

浅利 昌男さん

町田市在住 68歳

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク