さがみはら緑区版 掲載号:2014年6月19日号 エリアトップへ

区内犬舎の3歳牝犬 ドーベルマン日本一に 6年ぶり3回目

文化

掲載号:2014年6月19日号

  • LINE
  • hatena
チャンピオンに輝いたハル(写真は審査会終了後・鈴木さん提供)
チャンピオンに輝いたハル(写真は審査会終了後・鈴木さん提供)

 社団法人日本警察犬協会が主催する「日本チャンピオン決定審査会」が4月に吉見総合運動公園(埼玉県)で行われ、ドーベルマン種成犬牝組に出場した鈴木博さん(緑区町屋在住)が営むスーパークイーン犬舎のハル(3歳)が日本チャンピオンに輝いた。鈴木さんの犬舎からチャンピオン犬が出るのは6年ぶり3回目。

 同審査会は、国内最大規模の警察犬の品評会。68回目を迎えた今年は、全国からシェパードやラブラドール、ゴールデンなど7犬種236頭が出場し、各犬種で体型美や骨格、マナーなどを審査し、チャンピオンを競い合った。

 今回、鈴木さんの犬舎から出場したのは、同審査会に初めて出場するドーベルマン種・成犬(牝3歳)のハル。「太らせないようにしっかり運動させて、良い仕上がりでこれた」と手ごたえを持って臨んだ鈴木さんとハルは、昨年1位だった犬や他の審査会で好成績を収めていた犬を抑えて堂々のチャンピオンに輝いた。「審査基準が厳しく日本一になるのは簡単ではない。手塩にかけて鍛錬し、育ててきたので、チャンピオンになれて涙がでるほど嬉しい」と喜びを口にする。

「次はハルの子で」

 「優秀な警察犬を」。その思いから、鈴木さんは橋本の精肉店「ミートショップ寿々木」を営みながら、40年以上ドーベルマンの育成に携わってきた。「日本の犬を世界のスタンダードに近づけたい」とハルを昨年、世界大会で2位になったドイツの犬との交配のために渡欧させた。次なる目標は、そのハルの子どもで日本チャンピオンになること。「日本の犬を変えてくれる子になると思う。成長が楽しみ」と期待に胸を膨らませている。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

相模原をドローンの町に

相模原をドローンの町に 社会

中央区横山に新拠点誕生

10月22日号

官民で防災意識が向上

台風19号から1年

官民で防災意識が向上 社会

寄付、復旧活動に積極性

10月22日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

小編成の部で初全国へ

橋本高校吹奏楽部

小編成の部で初全国へ 教育

オンライン練で結束強め

10月15日号

学校祭をオンライン中継

中野中学校

学校祭をオンライン中継 教育

生徒の願い受け「感動共有」

10月8日号

J2ライセンスを取得

SC相模原

J2ライセンスを取得 スポーツ

今季2位以上で昇格

10月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク