さがみはら緑区版 掲載号:2014年11月27日号 エリアトップへ

相模原市議会 3減案可決 議員定数46に 来春の統一地方選で適用

政治

掲載号:2014年11月27日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市議会は11月19日に開催した12月定例会議で、議員定数について現行49の議員定数を3減(緑・中央・南各区1減)の46に改正する条例案を賛成多数で可決した。これにより、2015年4月12日に予定されている市議会議員選挙(統一地方選挙)は、緑区11人・中央区17人・南区18人の定数で行われることとなった。

 議員定数をめぐっては、今年8月19日の議会運営委員会(議運)で、各会派の意見確認を求める声が挙がり、検討課題とされた。その後、協議を重ね、10月31日の議運で、49から3減とすることの採決が行われ、賛成多数で46とすることを決定していた。

 これを踏まえて今回、新政クラブ、公明党、民主・新無所属の会、颯爽の会の4会派9人に、無所属2人を加えた11議員から、議員提出議案として条例改正案が本会議に提出された。

 本会議では議員を代表して新政クラブの折笠峰夫議員が、「より効率的な議会運営の推進を目指し、定数を46人とすることは意義深く、市民が望むものと考え提案に至った」と提案説明を行った。

 また、緑区11人・中央区17人・南区18人という人数の根拠は、議員定数46人を各区の人口に比例して割り振られたものであるということを説明。質疑・討論を経て採決が行われ、共産党を除く全議員の賛成により議案が可決された。

 同条例は、来年4月12日(日)に実施が予定されている市議会議員選挙から適用される。

 相模原市議会の議員定数については、旧津久井郡4町との合併に伴い、2007年に特例措置として46人から52人に変更。その後、政令指定都市移行に伴い、10年3月定例会で52人から49人に再度変更された上で、11年4月に、前回の市議選が実施された経緯がある。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

市内2イベント中止へ

市内2イベント中止へ 文化

五輪で警備体制整わず

1月23日号

国内最高峰の大会誘致

自転車ロードレース

国内最高峰の大会誘致 スポーツ

「五輪後のレガシー」実現へ

1月23日号

「読む力の向上を」

学力・学習状況調査

「読む力の向上を」 教育

結果分析 市全体で改善へ

1月16日号

重工、13年ぶりTL参戦

重工、13年ぶりTL参戦 スポーツ

花園でドコモと初陣

1月9日号

オリ・パラ  準備は万端

黒岩知事インタビュー

オリ・パラ 準備は万端 政治

1月9日号

対話を大切にした市政を

市長インタビュー

対話を大切にした市政を 政治

災害、教育問題に注力

1月1日号

「また淵野辺でパレードを」

青山学院大学

「また淵野辺でパレードを」 スポーツ

V奪還へ 原監督「期待だけ」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク