さがみはら緑区版 掲載号:2014年12月18日号 エリアトップへ

根小屋小 日頃の感謝、「大根」で還元 JAで販売、150本完売

教育

掲載号:2014年12月18日号

  • LINE
  • hatena
「プロ顔負け」という品質の大根と聖護院大根を販売
「プロ顔負け」という品質の大根と聖護院大根を販売

 市立根小屋小学校(高野朝枝校長)の児童12人が12月6日、JA津久井郡の直売所・あぐりんずつくいで、学校の畑で育てた大根の即売会を行った。「地域の人たちに日頃の感謝を還元できれば」と行った今回の取り組み。JAの直売所で地域の子どもたちが育てた野菜を販売するのは初で、「プロ顔負け」と太鼓判を押す大根は、出荷した150本すべてが2時間半で完売した。

 根小屋小学校をはじめ、旧津久井4町の全小学校は、35年程前からJA津久井郡の協力のもと、学校農園活動に取り組んでいる。同校では、毎年各学年でテーマを決めて、津久井在来大豆や夏野菜などを栽培。収穫した野菜は、毎年秋に行う「紅葉まつり」でつくる豚汁の材料にするなど、食育に役立てている。

 そうした中、昨年「紅葉まつり」前に収穫予定だった大根が天候などの影響で発育が遅れ、収穫後の対応に頭を悩ませていた。JAからの「直売所で販売してみては」の提案で、児童自ら店頭に立ち、即売会を実施。「良い経験になった」という。今年は当初から即売会の開催をめざし、生産に取り組んできた。

 迎えた当日。「今年はプロ顔負けの出来」と佐藤勲店長も太鼓判を押すほどの大根を、5、6年生の有志12人が朝から畑で収穫し、冷水で洗って直売所へ。販売開始と同時に「いらっしゃいませ!」と大きな声で呼びかけ、駐車場の入り口で呼び込みを行うなど、自分たちで考えながら販売。2時間半で出荷した150本すべてが完売した。

 高野校長は「子どもたちのいきいきとした姿を見ることができた。地域からもらうものが多い中で、日頃の感謝をこうした形で還元することができて良かった」と振り返った。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

SDGsフェス初開催

相模原JC

SDGsフェス初開催 文化

機運醸成へ 表彰や討論会

9月19日号

文化祭に地元企業が出展

津久井高校

文化祭に地元企業が出展 教育

8社参加 同窓会の初企画 

9月19日号

移転へ向け設計に3千万

津久井消防署

移転へ向け設計に3千万 社会

新建物は倍の広さに

9月12日号

SDGs推進へ 研修強化

相模原市

SDGs推進へ 研修強化 文化

職員啓発で、普及後押し

9月5日号

競泳全国大会で「銅」

相模原DC風間陽太さん

競泳全国大会で「銅」 スポーツ

JOC 200m個人メドレー

9月5日号

「複合型スタジアム」検討へ

「複合型スタジアム」検討へ スポーツ

返還地候補に 組織設立

8月29日号

愛着醸成、SDGs推進へ

市9月補正予算案

愛着醸成、SDGs推進へ 社会

12億計上 市長公約を反映

8月29日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク