さがみはら緑区版 掲載号:2015年1月22日号 エリアトップへ

小児医療費 小6まで対象拡大 4月から 対象者に申請書送付

掲載号:2015年1月22日号

  • LINE
  • hatena

 市はこのほど、病気やケガなどで医療機関に通院・入院した際に保険診療の窓口負担が無料になる「小児医療費助成」の対象を、現行の小学3年生から小学6年生までに拡大する。少子化が深刻化する中、子育て環境の充実を図るのがねらいで、4月診療分から適用となる。

 小児医療費助成制度は、各健康保険に加入している子どもが病気やケガで医療機関を受診した際に、医療費の自己負担額を市が助成する制度。市では1995年、通院にかかる医療費を0歳児のみを対象に初めて無料とし、2008年には現行の小学3年生までと定めていた。引き上げは7年ぶり。入院時の医療費助成については、現行の中学3年生までと変わらない。

申請は2月20日まで

 新たに助成制度を利用する人は申請が必要。今まで申請をしたことがない人や、4月から小学5・6年生になる子どもまたは4月から小学4年生で、現在医療証を持っていない子どもが対象。対象者には1月下旬から申請書が送付される。申請の受付窓口は市地域医療課や各まちづくりセンターなど。提出期限は2月20日(金)。助成については所得制限あり。詳細は市ホームページまたは同課【電話】042・769・8231へ。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

「フォトシティ」掲示板披露

「フォトシティ」掲示板披露 社会

橋本RCが寄贈

3月26日号

さくらまつり中止に

さくらまつり中止に 文化

津久井湖 水・花の苑地

3月26日号

市、橋本のPR冊子発行

市、橋本のPR冊子発行 社会

暮らしやすさ 市内外に紹介

3月26日号

鈴木俊彦さんが最優秀賞

鈴木俊彦さんが最優秀賞 文化

津久井湖記念館フォトコン

3月26日号

「避難行動に役立てて」

相模原市

「避難行動に役立てて」 社会

洪水ハザードマップ改定

3月26日号

県が男性育休ガイド発行

県が男性育休ガイド発行 社会

事例盛り込み取得を推進

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク