さがみはら緑区版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

相模原市議 「少子・高齢」に課題が最多 本紙アンケートで回答

政治

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena

 タウンニュース社では、現職の相模原市議会議員に対してアンケート調査を実施。今任期(2011年4月30日から15年4月29日)で取り組んできた活動や、市が抱えている課題などについて聞いた。

 アンケートは、1月13日から20日にかけて実施。市議48人のうち47人から回答を得た。質問内容は、「任期4年間の実績」「相模原市が抱える課題」の2項目で、いずれも記述式での回答(4年間の実績については中面に掲載)。このうち、市が抱える課題については、「少子・高齢」に関する事柄をあげる議員が最も多かった。なお、一人の議員が複数の課題について言及している場合は、重複して計上した。

 アンケートでは、「人口減少」「高齢者支援」「認知症対策」「高齢者の活用と雇用の確保」「高齢者や障がい者のための福祉避難所の充実や路線バスのノンステップ化の拡充」といった意見を含めると、約4割19人の議員が「少子・高齢」の社会への対策が必要と答えた。

 財政に関する意見も多かった。リニア中央新幹線の新駅や公共施設の老朽化対策など、「まちづくりの大規模事業が予定されている中での財源不足」や、「生活保護などの扶助費増加」「市債発行に頼る財政」「国県道の直轄負担金の是正」「開発事業費と生活環境整備費の適正バランス」「少子高齢化に伴う税収減対策」など、14人の議員が市の財政について言及した。また、リニアに関しては「過大な投資の在り方」を問う意見や、教育、社会保障など他の行政サービスへのしわ寄せを懸念する回答も見られた。

 子育てや教育は11人が関連の回答。「子育て支援の強化」「教育環境の向上」「幼児期・小中学校の教育の充実」などがあがった。

 「若者雇用の確保」「女性の働きやすい環境づくり」「雇用基盤確立のための企業誘致」など4人が雇用・労務に関して回答。「若者流出」という意見もあがった。また防災・防犯、医療の充実に関しては各3人があげた。内容は「自然災害対策」「防犯力・消防力の向上」「地域医療の充実」など。

 「観光や食などの地域資源創出」「周辺地域の観光政策と過疎化対策」など観光行政にふれた意見、「交通渋滞改善」「市内地域間の移動手段」「南北を結ぶ鉄道が中央区に無い」といった交通についてや、「近隣市と協力した行政」「広域交流拠点都市とコンパクトシティの実現」「圏央道やリニアなど潜在性を生かした新都心構想の策定」といった都市構想の回答もあった。「厚木基地の騒音」「在日米軍基地問題」などの基地関係、「農地利用の権限移譲」「攻め(輸出)の農業と六次産業化」という農業関連の意見も。

 そのほか、「線引き(市街化調整区域)見直しに関わる津久井地域の都市計画見直し」、文化・芸術振興や自然環境保全について、「まちづくりに公民連携(PPP)の導入」などの答えがあった。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

「寄り添う」支援 国から表彰

くすのき広場

「寄り添う」支援 国から表彰 社会

地域ぐるみで6年目

2月27日号

「鯉のぼり」今年行わず終幕

「鯉のぼり」今年行わず終幕 文化

担い手不足など運営困難

2月27日号

過去最大の3072億円

2020年度当初予算案

過去最大の3072億円 経済

5年連続増 台風関連重点

2月20日号

本館が新オープン

津久井合同庁舎

本館が新オープン 社会

「津久井の発展に寄与を」

2月20日号

ホンジュラス大使らと交流

橋本RC

ホンジュラス大使らと交流 社会

「安全なお産」支援事業で絆

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

9年ぶりの頂点目指す

東海大相模

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

「春の選抜」出場決定

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク