さがみはら緑区版 掲載号:2015年2月5日号 エリアトップへ

緑区民会議 「活性化」「魅力」推進策提案へ 委員会で検討、来夏までに

社会

掲載号:2015年2月5日号

  • LINE
  • hatena
各委員会でテーマを検討した
各委員会でテーマを検討した

 政令指定都市移行後、それぞれの区で、市長に委嘱された委員らで地域の課題やまちづくりに関して協議を行っている区民会議。緑区では現在、第3期の会議が進められており、今期4回目の会議が1月26日に開催された。今回、より具体的に、効果的に課題等を調査、協議していくことを目的に、発足後初となる2つの小委員会が設置されることが決まった。今後は「地域の活性化」「生活における魅力づくり」について、各委員会で調査・検討を行い、その結果を行政や区民による協働の取り組みとして来年7月までに提案を行っていく意向だ。

 緑区区民会議は、区内6地区のまちづくり会議で推薦された人、区内の公益的活動を行う団体から推薦された人、区民、学識経験者ら、市長から委嘱された25人の委員で構成され、1期2年の活動を行っている。第1期では、緑区区ビジョンの策定に向けて、区の特色や課題、解決策の検討等について協議を重ね市長に答申。第2期では区ビジョンの実現に向けて、災害対策、地域活動、都市整備基盤、環境保全、情報発信などの協議を行ってきた。

 第3期は昨年8月にスタートし、これまでに区内の現状把握を行うための視察等を実施。今回開催された第4回会議では、限られた時間の中でより具体的に、効果的に課題等を調査、検討し、より多くの委員の意見を反映しようと、小委員会を設置することが決まった。設けられた小委員会は2つ。「地域の活性化」「生活における魅力づくり」について、今後それぞれに協議していく。今回は、両委員会の審議テーマについて話し合いを実施。「地域の活性化」では旧津久井4町と橋本をつなぐ区全体としてのネットワークの構築、観光ネットワークづくり、資源の掘り起しなどがあがった。

「区民会議を知って」協議結果、積極的に発信を

 「魅力づくり」では自治会の活性化、過疎化によるコミュニティー不足の解消、子育て・教育の充実、空き家対策についてあがったという。

 今後は、今年8月を目安に両委員会の審議テーマの現状把握、課題を区民会議全体として整理し、任期が終わる来年7月までに行政、区民の協働による事業推進策の提案を行っていく意向だ。区政策課では、「現在抱える区の課題などを、小委員会でこれまで以上に掘り下げて協議していければ。また、ここで話し合われたことやその結果をもっと区民の方に知ってもらうために積極的に情報発信して、より多くの区民の皆さんに区民会議を知ってもらえるよう工夫していきたい」と話している。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

藤島さん、新人戦で優勝

津久井高校ボート部

藤島さん、新人戦で優勝 スポーツ

夢の途中 目標「競輪選手」

10月21日号

相模原の観光 「経営視点で」

相模原の観光 「経営視点で」 経済

協会、5か年計画策定へ

10月21日号

「服を世界の難民に」

市  立青和学園

「服を世界の難民に」 社会

児童たちが寄付呼びかけ

10月14日号

自民立民 一騎打ちの様相

衆院選 神奈川14区・16区

自民立民 一騎打ちの様相 政治

10月14日号

市がJC、社協と災害協定

市がJC、社協と災害協定 社会

「平時からの協力が大切」

10月7日号

宣言解除後も「要警戒」

宣言解除後も「要警戒」 社会

市、感染対策継続を喚起

10月7日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook