さがみはら緑区版 掲載号:2015年2月26日号 エリアトップへ

市当初予算案 一般会計・特別会計合わせて過去最大に

社会

掲載号:2015年2月26日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市は13日、2015年度当初予算案を発表した。4月の統一地方選挙に配慮し、経常的な経費や継続的な事業に係る経費などを中心とした骨格予算で編成。一般会計は2555億円で、対前年度当初予算と比べると0・8%の減。圏央道やその周辺道路整備がおおむね終了することなどから、減額となった。一般会計の歳入のうち、市税収入は1114億円となり、対前年度比1%減で、11億円の減収となる。法人市民税が企業収益の伸びの鈍化や一部国税化の影響を受けたことなどが響いた。

 一方、歳出では、民生費が対前年度比3・1%増の1135億円と最も多く、土木費260億円(16・3%減)、公債費241億円(1・7%増)と続く。

 一般会計、特別会計を合わせた予算規模は、国民健康保険や介護保険といった社会保障が増加したことから、対前年度比3%増の4431億円で、過去最大規模となった。

 新年度予算案では「誰もが安全でいきいきと暮らせる安心・福祉都市」「学びあい 人と地域をはぐくむ教育・文化都市」「やすらぎと潤いがあふれる環境共生都市」「活力にあふれ多様な交流が生まれる広域交流拠点都市」「市民とともに創る自立分権都市」「防災・減災対策の推進」の6点を施策に掲げた。

 主な事業では、リニア関連・相模原駅周辺のまちづくりに1・2億円を計上した。JR横浜線の地下化が可能かなど、同線の連続立体交差化に関する調査・検討に入る。

 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会推進事業にも500万円を盛り込んだ。関係都市・機関との連携や市のPRに努める。

 津久井消防署整備事業には約1957万円を計上。庁舎の老朽化や狭あい化、水難救助などの災害に迅速かつ的確に対応するため、移転整備するもので、来年度は建設基本計画の取りまとめや、造成実施設計を予定している。

 さがみはら防災・減災プログラムでは27億円を計上。小中学校屋内運動場の改修や防災対策の普及啓発などを行う。

 このほか、医療福祉体制推進291・8億円、こども・子育て支援新制度関連155・8億円、企業誘致等推進事業17・3億円、小中学校各種施設整備29・5億円などが盛り込まれた。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

金属の表情に魅せられて

久保沢在住小林さん

金属の表情に魅せられて 文化

鍛金(たんきん)作家 23日から個展

9月16日号

改修に民間意見聴取

改修に民間意見聴取 経済

北市民健康文化センター

9月16日号

山口戦も限定ユニ配布

SC相模原

山口戦も限定ユニ配布 スポーツ

チケット購入者が対象

9月16日号

歴史的一戦は勝ち点1

歴史的一戦は勝ち点1 スポーツ

WEリーグが開幕

9月16日号

SC、長崎戦はドロー

サッカーJ2

SC、長崎戦はドロー スポーツ

最下位から抜け出せず

9月16日号

コロナ対策に寄付金

コロナ対策に寄付金 社会

市内の5士業団体

9月16日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook