さがみはら緑区版 掲載号:2015年2月26日号 エリアトップへ

相模原市 災害時の地図利用で協定 被害の把握に 制作会社と

社会

掲載号:2015年2月26日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市は17日、日本最大手の地図制作会社・(株)ゼンリンと「災害時における地図製品等の供給等に関する協定」を締結した。県内では4例目。協定により、市の要望が反映された住宅地図などが市や各区役所に常備され、災害時の利用で被害状況を迅速に把握できるとしている。

 市ではこれまで、東日本大震災を教訓とし、地域防災計画の見直しや災害本部体制の強化にあたってきたほか、住宅地図などを活用した災害対策訓練を実施していた。一方、市が保管し、訓練時にも使用していた地図は必ずしも最新のものではなかったため、地図の情報自体が古くなっているものもあったという。

 こうした中、(株)ゼンリンが昨年、市へ住宅地図などの提供を目的とした協定の締結を提案。災害時に、即時に災害状況を把握するうえで、建物名や建物ごとに細かく居住者が記載されている住宅地図は必要不可欠で、なおかつ最新の情報が求められていたことから今回、協定の締結に至った。

 協定では、住宅地図を唯一全国展開している同社から市へ、住宅地図(B4版)10セット、区ごとに分かれた広域図(A0版)20部のほか、インターネットを利用した住宅地図配信サービス「ZNET TOWN」のIDが提供された。これにより、市や各区役所などで住宅地図を即時に利用できる環境の構築が期待される。これらの地図には、市内全105箇所の避難所のほか広域避難場所の明記など、市の要望が強く反映されているという。

 市では今後、災害発生後に開く災害対策本部の会議の場でこれらの地図を用いて情報共有を図るほか、被害状況を対応部署に速やかに連絡する際に役立てていくものとしている。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

「皆で勝ち取った金メダル」

パラ・伴走者青山由佳さん

「皆で勝ち取った金メダル」 スポーツ

リオの経験糧に献身貫く

9月16日号

秋本博寿氏が新会長

相原二本松商店街

秋本博寿氏が新会長 社会

地元高校と商業連携も

9月16日号

県代表で東関東へ

橋本高校吹奏楽部

県代表で東関東へ 教育

コロナ下「バンドの心一つに」

9月9日号

感染症予防、経済対策に

相模原市9月補正予算案

感染症予防、経済対策に 政治

一般会計 総額約14億円

9月9日号

津久井大会はオンライン

JC神奈川ブロック協議会

津久井大会はオンライン 社会

子ども向け代替案も検討

9月2日号

予約対象 12歳以上へ拡大

市内ワクチン接種状況

予約対象 12歳以上へ拡大 社会

若者世代の加速化図る

9月2日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook