さがみはら緑区版 掲載号:2015年4月16日号 エリアトップへ

公文書館 幻の鉄道を振り返る 企画展で貴重な資料公開

教育

掲載号:2015年4月16日号

  • LINE
  • hatena
約100点の資料が展示される
約100点の資料が展示される

 相模原市立公文書館で、企画展「幻に終わった相武電気鐵道と南津(なんしん)電気鐵道」が4月16日(木)から6月20日(土)に開催される。相模原ICや津久井広域道路の開通など交通インフラ整備が進む中、市は「相模原には鉄道開通に向けて、祖先が苦労してきた歴史があります。公文書にも資料が残っているのでぜひ見に来て下さい」と来場を呼びかけている。

 昨年10月に城山総合事務所第2別館3階にオープンした市立公文書館。市の条例規則、総合計画、議会議事等などが記された歴史的公文書約2万5千冊が保存・管理され、市民がいつでも資料を閲覧できる施設だ。

 市は、市民にもっと公文書館を知ってもらいたいと開館時に開催した「市制60周年記念展示」に続く、独自の企画展を昨年末に計画。交通インフラ整備が進む中、相模原ICや津久井広域道路の開通時期に合わせたこの時期、大正から昭和にかけて、相模原に計画されていた鉄道を公文書で振り返る2回目の企画展を開催することにした。

 南津電気鐵道は、天然産物に恵まれた津久井地域の開発と、農村の発展、観光振興等を目的に計画。関戸駅(現京王線聖蹟桜ヶ丘駅)から橋本を経由して川尻までを結ぶ延長20Km程の路線だった。1928年に終点の川尻停車場予定地で起工式が行われたが、昭和恐慌により挫折している。

 相武電気鐵道は、渋谷から鶴川、淵野辺、上溝、田名を経て愛川までを結ぶ計画路線。東京から相模川までを結ぶ路線として期待され、関東大震災後から計画を開始。1927年に上溝で起工式が開催され、線路や駅舎の一部が完成していたが、昭和恐慌で計画が中止となっている。 

約100点を展示

 企画展では、国立公文書館に保管されている公文書などの資料のコピーを中心に、相模原市立博物館や公文書館に収められている公文書など約100点を展示。飯田生馬館長は「小田急線延伸に18万人の署名がされるなど、相模原には今でも鉄道開通には熱い想いがあります。小田急線や相模線が開通した昭和初期という時期に、我々の祖先が地域振興を願い、他にも路線計画をしていた資料が見られますので来場下さい」と話す。また、1960年代に小田急が稲城地区から城山まで、京王が多摩地区から中野までの路線を計画していた資料も展示される。

 詳細は、相模原市立公文書館【電話】042・783・8053へ。休館日は5月4日を除く月曜日及び、5月7日、第3水曜日。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

世界的名将、施設に太鼓判

世界的名将、施設に太鼓判 スポーツ

市の五輪キャンプ地視察

11月14日号

「地域に感謝」の70年

相原小学校

「地域に感謝」の70年 教育

卒業生も演奏で節目祝う

11月14日号

映画と食で障害を考える

日連で イベント

映画と食で障害を考える 社会

福祉に携わる有志が企画

11月7日号

市とJAXAが連携協定

ホーム最終節 勝利飾れず

ノジマステラ神奈川相模原

ホーム最終節 勝利飾れず スポーツ

サポーターに支援を感謝

10月31日号

区内イベントにも影響

台風19号

区内イベントにも影響 社会

旧3町の祭りは中止に

10月31日号

功績、青野原に今も残る

伊勢丹元会長小菅千代市氏

功績、青野原に今も残る 社会

公民館建設に多大な寄付

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク