さがみはら緑区版 掲載号:2015年6月4日号 エリアトップへ

第45代相模原市議会議長に就任した 阿部 善博(あべよしひろ)さん 南区上鶴間本町在住 45歳

掲載号:2015年6月4日号

  • LINE
  • hatena

希望あふれる市議会に

 ○…相模原市議会歴代3番目の若さで議長に就任。議会を代表する立場であり、取りまとめ役という大任に、「市のビジョンが見えるよう、様ざまな議論の中から建設的な意見を出し、市民とともに希望あふれる議会となるよう努めていきたい」と抱負を述べる。また、「務めを果たしていくのはこれから。市民からも信頼され、議長として認められる存在になっていければ」と改めて気を引き締める。

 ○…上鶴間本町出身。南大野小学校、上鶴間中学、県立相模原高校と地元で学び育つ。辺り一面に広がる桑や栗の畑で遊んでいたのが心の中の原風景。「この市とともに成長してきた。(小学校で教わった)相模原音頭は身に沁みついているので、どこのお祭りに行ってもすんなりと人の輪に入っていけた」と、口調にも郷土愛が滲む。京都府の龍谷大学を卒業し同大大学院修了後、情報システム関連会社に就職。コンピューターの知識と技術を身に付けた。

 ○…顧客が抱える問題を解決することをIT業界で「ソリューション」と呼ぶ。「困っている人の話を聴き課題を見つけ、より良い改善策を提案する。議員の仕事も一緒だと思った」。32歳の時に、地元選出市議の後継者として初出馬し、当選を果たす。「地域のつながりや良い伝統を受け継ぎ、育ててもらった恩返しをするとともに、新しい分野でできる改革を模索した」。ITの知識を駆使しブログを綴ると「ブログ議員」、ツイッターで呟けば「ツイッター議員」と注目された。

 ○…29歳で結婚。一男一女に恵まれた。かつて議会中に傍聴席から「パパ!」と叫んだ息子も今では中学生。背丈も父を越えた。空いた時間があれば調べものや研究にあてる「根っからの真面目人間」も、子どもに勉強を教えるなど家族と過ごす時間は大切なひと時だ。議員としても4期目。地域行事への参加や市民との意見交換など「議員活動全般が楽しく、意義深い」。より良い議会へと歩みを進める。
 

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

天明(てんみょう) 信子さん

民生委員を21年間務め、2021年秋の褒章(藍綬)を受章した

天明(てんみょう) 信子さん

中央区相模原在住 77歳

11月18日号

酒井 哲夫さん

相模原北防犯協会の副会長を務め、2021年秋の褒章(藍綬)を受章した

酒井 哲夫さん

相原在住 74歳

11月11日号

小松 文乃さん

「(一社)わたしのSDGs」を立ち上げた

小松 文乃さん

中央区南橋本在住 46歳

11月4日号

清水 弘さん

日本花菖蒲協会の会長で、今春花菖蒲に関する図鑑を発行した

清水 弘さん

相原在住 68歳

10月28日号

爽日(さやか)さん

このほどシンガーソングライターとしてデビューした

爽日(さやか)さん

中央区在住 20歳

10月21日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook