さがみはら緑区版 掲載号:2015年7月23日号 エリアトップへ

子どもたちが「1日店長」に フリマで勤労体験企画

掲載号:2015年7月23日号

  • LINE
  • hatena
ワークショップに取り組む子ども
ワークショップに取り組む子ども

 女性の手仕事などの趣味を生かした起業をバックアップするためのアドバイスや、フリーマーケットの開催を行うグループ「どこでもマルシェ」(小林明世代表)は8月23日(日)、メイプルビル(中央区千代田)で「こどもまるしぇ」を初開催する。それぞれのブースで、子どもたちが「店長」となって店をやり繰りすることで、労働の対価を得る経験やモノを大切にする気持ちを培ってもらうのがねらい。

 子育てサロンでボランティアをしていた小林代表。「ママ友」が増える度に、それぞれが生み出すハンドメード品の質の高さに感銘を受け、それを出店できる場所を作ろうと今年、「どこでもマルシェ」を企画。「仕事や子育てに時間をとられがちなママも、趣味で作ったものを喜んでもらえる場所を作ってあげたいと思った」と小林代表。既に2回のマルシェを開催し、盛況のうちに終わった実績を持つ。

 今回、「こどもまるしぇ」の開催は息子のひと言がきっかけ。「以前から、8歳になる息子のいつきとフリーマーケットに遊びに行くたびに、『お店をやりたい』と言っていたのを思い出して、ちょうど夏休みだからと企画しました」。そこで、毎月1回のフリーマーケット開催の実績があり、小林代表も買い物に利用していたというメイプルビルに企画を持ち込んだ。同イベントでは、子どもたちが「1日店長」を務め、保護者がサポート。自分の店で何を販売するか、どう陳列するかや値段設定などは全て子どもたちが決める。人に喜ばれることを考えさせ、金銭や価値の適切な感覚を磨くのが目的。

 当日は30ブースがビル内に並ぶ予定で、参加予定の子どもたちはそれぞれ個性豊かなアイデアを出し合っているという。「子どもたちの豊かな発想と大人たちの豊富な経験によるアドバイスで、親子の会話が増えたら」と小林代表は開催に期待を寄せている。

 現在、出店者を募集中。詳細は「どこでもマルシェ」公式LINE(http;//line.me/ti/p/%40fmi9795z)か、小林代表【携帯電話】090・4131・7965へ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

ブラジル大使、市内視察

東京五輪事前キャンプ

ブラジル大使、市内視察 スポーツ

リモートで市民交流検討

6月17日号

8月に閉館、建替えへ

アートラボはしもと

8月に閉館、建替えへ 文化

今夏 民間事業者を公募

6月17日号

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

J2残留が目標

6月10日号

広がる「SDGs」の輪

相模原市

広がる「SDGs」の輪 社会

パートナーは279者に

6月10日号

レガシー創出への第一歩

ツアー・オブ・ジャパン

レガシー創出への第一歩 スポーツ

観戦自粛もトップが熱戦

6月3日号

ラポール千寿閣が閉館

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で業績悪化

6月3日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter