さがみはら緑区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

手足口病 相模原でも猛威 昨年比約6倍 市、注意喚起

経済

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena

 口の中や手、足に現れる水疱性の発疹を症状とする手足口病が、首都圏を中心に猛威を振るっている。市内でも、感染者数は昨年の同時期に比べ約6倍増加するなど、国が定める警報レベルに。市内の小児科では、今後も流行が続く恐れがあるとして感染予防を呼びかけている。

 手足口病は、口の中の粘膜や手、足などに現れる水疱性の発疹が特徴の急性ウイルス感染症。3日から5日の潜伏期間をおいて2㎜から3㎜の発疹が現れ、軽い発熱を伴う場合も。例年夏季に流行し、6歳以下の乳幼児に多く見られる。

 今年、首都圏を中心に猛威を振るっている手足口病は、相模原市内でも7月に入り感染者数が徐々に増加。保健所の定める定点(医療機関)の週別感染報告数は、7月6日から12日の調査で4・80だったが、13日から19日では10・37となり、国が定める警報レベルの5・0を超えた。この数値は昨年の同時期に比べて約5〜6倍となり、感染者数が特に多かった2013年とほぼ同様の数値となっている。市保健所は「一昨年は近年でも感染者数が多い年だったが、今年も同じように推移しているので注意が必要」としている。

 市内の小児科・藤野こどもクリニックにも、手足口病の患者が多く来院しているという。同クリニックは「原因は定かではないが、今年は多い。特に5歳以下のお子様に多く見られます。集団生活の機会が少なくなる夏休み以降にはピークが過ぎるかもしれないが、それまでは流行が続く恐れもある」とし「手洗いうがいの励行や、人混みに行かないこと、大勢と極力接触しないことなども大切」と話している。

 市保健所によると、手足口病は感染した場合にワクチンは無く、通常は数日間のうちに自然に治るという。感染経路は咳などの飛沫(ひまつ)感染が主だが、接触感染や経口感染も見られる。体調が回復した後も2週間から4週間ほどは便からウイルスが排泄されることもあるので、排泄物の取り扱いには注意が必要としている。「例年、7月末から8月初旬にかけてピークを迎えます。手洗いの励行や マスクの着用など、しっかりと予防を」と呼びかけている。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

J2残留が目標

6月10日号

広がる「SDGs」の輪

相模原市

広がる「SDGs」の輪 社会

パートナーは279者に

6月10日号

レガシー創出への第一歩

ツアー・オブ・ジャパン

レガシー創出への第一歩 スポーツ

観戦自粛もトップが熱戦

6月3日号

ラポール千寿閣が閉館

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で業績悪化

6月3日号

「景観形成重点地区」に指定

市役所前さくら通り

「景観形成重点地区」に指定 社会

来街者が集う憩いの場へ

5月27日号

若手の発想で課題解決

相模原市

若手の発想で課題解決 社会

中山間地域の可能性模索

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter