さがみはら緑区版 掲載号:2015年9月10日号 エリアトップへ

捕獲されたツキノワグマ 絶滅恐れ山中へ放獣 県内の生息数は約40頭

社会

掲載号:2015年9月10日号

  • LINE
  • hatena
県内の調査用センサーカメラに写ったツキノワグマ=神奈川県提供=
県内の調査用センサーカメラに写ったツキノワグマ=神奈川県提供=

 神奈川県内で約40頭しか生息数がないツキノワグマが先ごろ、牧野地区の山中に設置された「くくりわな」に誤ってかかってしまったため、相模原市内の山中に放獣された。絶滅の恐れがあるツキノワグマだが、今年度の目撃情報は昨年度のペースを上回っており、市は地域住民に対して警戒を促している。

 イノシシの捕獲用に設置された「くくりわな」にかかっているツキノワグマが確認されたのは8月26日の午前11時過ぎ。仕掛けた住民が気付き、県に連絡した。県によると、捕獲されたのは体長約140cm、60〜70kgで、オスの若い成獣だという。同日午後7時過ぎに市内の山中に放獣された。

 ツキノワグマは全身が黒く、胸に三日月形の白斑があるのが特徴。絶滅の恐れがある野生動植物を公表している「神奈川県レッドデータ生物調査報告書2006」の中でも「絶滅の危機に瀕している種」とされる「絶滅危惧I類」に位置付けられている。県内では丹沢山地にのみ生息しており、相模原市緑区をはじめ、清川村や山北町などで多く目撃されている。全国的に個体数が減少しているが、国が鳥獣保護管理法で定める「狩猟鳥獣」に含まれているため、狩猟することは禁止されていない。県央地域県政総合センター環境部環境調整課によると、「県内でのツキノワグマの生息数は約40頭と非常に少ないため、県として現在は狩猟を自粛している」という。

区内で目撃相次ぐ

 ツキノワグマと思われるクマの目撃が区内で相次いでおり、今回の錯誤捕獲を除き、今年度ですでに7件も起きている。昨年度同時期(4〜8月)の5件を上回っており、出没のピークは栄養を蓄える秋とされているため、農作物の出来次第では、いっそう増加することも懸念される。市は「見かけた場合はすぐに津久井警察署または津久井地域環境課までご連絡ください」と呼びかけている。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

ホンジュラス大使らと交流

橋本RC

ホンジュラス大使らと交流 社会

「安全なお産」支援事業で絆

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

蛍保護団体へ市が指定

阿津川

蛍保護団体へ市が指定 社会

5カ所目 「観光の目玉に」

2月6日号

9年ぶりの頂点目指す

東海大相模

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

「春の選抜」出場決定

2月6日号

「緑のラブレター」を点灯

藤野商工会青年部

「緑のラブレター」を点灯 経済

3月 45周年事業の一環で

1月30日号

「原爆」作品、米大学に収蔵

写真家江成常夫さん

「原爆」作品、米大学に収蔵 文化

日本人初 「核廃絶で意義」

1月30日号

国内最高峰の大会誘致

自転車ロードレース

国内最高峰の大会誘致 スポーツ

「五輪後のレガシー」実現へ

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク