さがみはら緑区版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

魔法のペンで新技術体験 相原小で理科特別授業

教育

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena
星座カードを光らせる児童ら
星座カードを光らせる児童ら

 相模原市立相原小学校(田中多輝子校長)で15・16日、理科特別授業「印刷技術と電気の融合」が行われた。神奈川県中小企業団体中央会が運営、相模原市印刷広告協同組合が協力。

 今回の特別授業は、同会と同組合から市を通して、「新しい印刷技術を未来ある子どもたちに紹介したい」との打診があり、同校が快諾して実現。授業で学んできた「電気の仕組み」のまとめとして、同校6年生を対象に実施された。

 当日は東京家政学院大学(町田市)の教員志望の学生たちがボランティアとして参加。サポート役として、児童と一緒に体験した。身近なものを利用して静電気を発生させる実験をしたあと、魔法のペン「AgICペン」が登場。このペンには「銀ナノインク」という電気を流す粒子が入っているため、線を引くと電気が流れる回路をつくることができる。児童たちはこのペンを使い、紙の上でのオリジナル回路づくりに夢中に。電気が流れてLEDチップが光ると「やった、光った」と歓声があがった。その後、自分の誕生星座のカードをペンでデザインし、LEDをつけて「光る星座カード」を作成した。

 田中校長は「新しい技術に触れ、実生活にも役立つ授業になったのでは。次世代を担う児童たちの可能性を広げる取り組みに、多くの方々が協力していただき感謝しています」と話した。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

日赤に清浄機と寄付金

日赤に清浄機と寄付金 経済

津久井中央・橋本RC

1月14日号

アリオに神社が出現

アリオに神社が出現 文化

2月15日まで 照天神社

1月14日号

看護の復職相談会

看護の復職相談会 社会

2月7日 市病院協会主催

1月14日号

SC相模原、後援会が発足

SC相模原、後援会が発足 スポーツ

会長に本村市長

1月14日号

市へ3台の発電機寄贈

市へ3台の発電機寄贈 社会

LPガス協 「防災力向上に」

1月7日号

官民連携で達成めざす

特別座談会続き(第2回)

官民連携で達成めざす 社会

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク