さがみはら緑区版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

地球のステージ 平和の大切さを再認識 市内初の映像、ライブ開催

社会

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena
戦争の悲惨さを訴える桑山紀彦氏
戦争の悲惨さを訴える桑山紀彦氏

 相模原市は、市民平和のつどいの一環として、世界の紛争や災害をライブ音楽、大画面の映像と語りで伝えるコンサート「地球のステージ」を9月27日(日)、サン・エールさがみはらで開催する。これまで、自治体などを中心に全国で3200回を超える公演を重ねる人気のコンサートを市内で開催するのは初めて。市は「戦争の悲惨さ、むごさを再認識し、改めて平和の大切さを思い起こす機会にして欲しい」と話す。

 相模原市は1984年に「核兵器廃絶平和都市」を宣言。この宣言の精神に基づき、翌年から毎年「市民平和のつどい」を開催している。平和のつどいでは、一昨年には『はだしのゲン』の講談、昨年には長崎原爆資料館から被災物品・写真などを借りて「ながさき戦争・原爆被災展」と、平和活動に取り組むテノール歌手である新垣勉氏の講演・コンサートを開催するなど、平和の大切さを訴える幅広い取組みを実施している。

 そうした中、今年度は終戦・原爆投下70年ということもあり、市は記念事業として、5月に広島平和記念公園にある被爆アオギリの二世となる苗木を「平和の木」として淵野辺公園に植樹、11月8日には広島平和記念公園の「原爆の子の像」のモデルとなった佐々木貞子氏の甥である佐々木祐滋氏の講演会・ミニライブを予定するなど、様々な催しを企画・実施する。

世界の紛争を音楽・映像・語りで体感

 さらに今回、「幅広い年代の人々に、平和の大切さを肌で体感して感じてもらえる場を提供したい」と、市内初となる映像ライブコンサートを企画。世界で起きている紛争や被災地での出来事を、音楽と映像、語りでライブに伝える「地球のステージ」がその催しだ。1996年からの19年間で、全国各地で通算3200回を超える公演を重ねる人気のステージで、心療内科医としてこれまで多くの国、地域で国際医療支援や心のケア活動を展開する桑山紀彦氏が出演。桑山氏は「コンサートでは、体全体で何かを感じて帰って欲しい」と呼びかける。

 公演は9月27日(日)、午後2時から3時40分にサン・エールさがみはら2階ホールで開催する。入場無料。定員は200人。申込不要で当日直接会場へ。市は「子どもから大人まで楽しめる感動のコンサートです。平和の尊さを感じる機会になると思いますので、ぜひ来場下さい」と話している。

 詳しい問い会合わせは、市渉外課【電話】042・769・8207へ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

5位入賞 「地元に恩返しを」

五輪飛び込み坂井丞選手

5位入賞 「地元に恩返しを」 スポーツ

競技生活は「一区切り」

10月28日号

トイレ改修に個人が寄付

峯の薬師

トイレ改修に個人が寄付 社会

「観光活用に役立てて」

10月28日号

藤島さん、新人戦で優勝

津久井高校ボート部

藤島さん、新人戦で優勝 スポーツ

夢の途中 目標「競輪選手」

10月21日号

相模原の観光 「経営視点で」

相模原の観光 「経営視点で」 経済

協会、5か年計画策定へ

10月21日号

「服を世界の難民に」

市  立青和学園

「服を世界の難民に」 社会

児童たちが寄付呼びかけ

10月14日号

自民立民 一騎打ちの様相

衆院選 神奈川14区・16区

自民立民 一騎打ちの様相 政治

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook