さがみはら緑区版 掲載号:2015年12月24日号 エリアトップへ

相原小児童 地元木材で木工品制作 自然に親しむ環境学習

教育

掲載号:2015年12月24日号

  • LINE
  • hatena
自分の作品を持つ児童
自分の作品を持つ児童

 相原小学校(田中多輝子校長)で12月4日、津久井産木材を使った木工品制作が実施された。

 同校では4年生を対象に、地元で採れた樹木に触れて、森林の大切さを学ぶ環境学習に今年度取り組んでおり、この日がその総まとめとして位置付けられていた。「さがみ湖 森・モノづくり研究所」の協力を得て、教室の学習机の天板を、津久井産の広葉樹を使用したものに替えたり、相模湖嵐山の山林で間伐作業を見学・体験するなどの学習を進めてきていた。

 この日も同研究所の協力のもと、津久井で採れた木材を使った写真立てとコースター制作にチャレンジ。しっかりと紙やすりで磨いたあとに、どんぐりや木の実などをあしらって、オリジナルのデザインを施す児童たち。思い思いの木工品を作り上げ、笑い声や活気があふれる授業となった。

 田中校長は「自分たちが住んでいる緑区で採れた木材を使って、『こんなものができるんだ』と気付くきっかけになったのでは。自然を身近に感じることで、森林の大切さやぬくもりを知り、今後の生活に生かしていってくれれば嬉しい」と話した。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

「フォトシティ」掲示板披露

「フォトシティ」掲示板披露 社会

橋本RCが寄贈

3月26日号

さくらまつり中止に

さくらまつり中止に 文化

津久井湖 水・花の苑地

3月26日号

市、橋本のPR冊子発行

市、橋本のPR冊子発行 社会

暮らしやすさ 市内外に紹介

3月26日号

鈴木俊彦さんが最優秀賞

鈴木俊彦さんが最優秀賞 文化

津久井湖記念館フォトコン

3月26日号

「避難行動に役立てて」

相模原市

「避難行動に役立てて」 社会

洪水ハザードマップ改定

3月26日号

県が男性育休ガイド発行

県が男性育休ガイド発行 社会

事例盛り込み取得を推進

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク