さがみはら緑区版 掲載号:2016年2月4日号 エリアトップへ

相模原銘菓3種 美大生が包装紙デザイン 市内和菓子組合が企画

文化

掲載号:2016年2月4日号

  • LINE
  • hatena
パッケージが新しくなった和菓子3種
パッケージが新しくなった和菓子3種

 相模原市内の和菓子店舗で構成される「相模原和菓子研究会『相和会』」の組合加盟店で製造されている和菓子3種のパッケージが一新され、多摩美術大学4年の杉村侑里さんが新たにデザインした。これは同会から相談を受けた「アートラボはしもと」(大山町)が杉村さんを紹介し実現したもの。

 今回パッケージが新しくデザインされるのは「てるて姫物語」「相模の娘(ひと)」「相模原音頭」の3種類。同会は2年ほど前に、3つのパッケージをリニューアルすることを計画し、「せっかくなら相模原市に根差したデザインにしたい」との思いから、アートによるまちづくりの拠点としてさまざまな企画を行っている「アートラボはしもと」に相談。同施設では市内や周辺の美術大学、美術系学科に通う学生たちが企画・実施する取り組み「Art Program Run!」を長年に渡って続けており、この中でポスターやマップなどを作成していた杉村さんに同施設が声を掛けたことで、今回の取り組みがスタートした。

 2年間にわたって、両者間で調整が繰り返され、先ごろ、ついにデザインが完成した。女性をモチーフにした「相模の娘」のパッケージには、女性とともに市の花であるアジサイが添えられており、「てるて姫物語」「相模原音頭」も可愛らしいイラストが目を惹く。「相模原市の地域色とともに、親しみやすさが表現できるように取り組みました」と杉村さん。「一般の方々とともに作成していくなかで、普段の授業では味わえない考え方などに触れることができた。貴重な経験になりました」と振り返った。

 同会の清水秀信さんは「素晴らしいデザインに仕上がりました。相模原の銘菓として市民から親しまれるようになれば」と話した。新パッケージの3種はまもなく同会組合加盟店で販売される予定となっている。

デザインを手掛けた杉村さん(中央)と相和会のメンバー
デザインを手掛けた杉村さん(中央)と相和会のメンバー

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

立民が長友県議擁立へ

次期衆院選県第14区

立民が長友県議擁立へ 政治

選定難航も目途

11月26日号

最新情報を随時更新

さがみはら防災マップ

最新情報を随時更新 社会

電子マップ6年ぶりに刷新

11月26日号

小中一貫 待望の開校式典

相模原市立青和学園

小中一貫 待望の開校式典 教育

市内初の義務教育学校

11月19日号

相模原から世界王者誕生

ボクサー中谷選手

相模原から世界王者誕生 スポーツ

「応援活力に」 有言実行

11月19日号

ソレイユさがみが20周年

ソレイユさがみが20周年 文化

「市民が主役 繋がりに感謝」

11月12日号

遊び場づくりで市場調査

子育て支援策

遊び場づくりで市場調査 社会

市民の声受け初の検討

11月5日号

日本墓石店100選の店

峰山霊園ほか墓石施工。安心の地元石材店!

https://satosekizai.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク