さがみはら緑区版 掲載号:2016年2月4日号 エリアトップへ

広域交流拠点検討委 整備計画答申素案を公表 橋本、相模原駅将来図示す

社会

掲載号:2016年2月4日号

  • LINE
  • hatena
※市提供の画像を本紙にて加工※建築物の高さやデザイン、配置など詳細はイメージであり、変更していく可能性がある
※市提供の画像を本紙にて加工※建築物の高さやデザイン、配置など詳細はイメージであり、変更していく可能性がある

 JR相模原駅と橋本駅周辺を一体的に整備し、広域交流拠点「さがみはら新都心」の形成に向けた協議の取りまとめを行う「広域交流拠点整備計画検討委員会」(以下検討委員会)の第3回委員会が1月29日に開催され、両駅の整備計画答申素案を示した。その中で、橋本駅周辺においては駅前の土地利用計画を描いた駅全体のイメージ画像が、相模原駅周辺に関してはJR横浜線が高架化する場合と、地下化した場合の両イメージ画像が示された。

 検討委員会では2月15日に最終回となる4回目の委員会を行い、整備計画答申案をまとめる方針。その後、2015年度中に市へ答申を行う。

 広域交流拠点の整備計画を巡っては、検討委員会の下に相模原駅周辺、橋本駅周辺の小委員会を別々に設け、協議を進めてきた。16年1月には両小委員会の最終回となる第8回目の委員会が終了。今回の検討委員会では両小委員会がまとめた答申素案が発表され、議論にもとづいた両駅の将来イメージが示された。

 イメージ画像は、今までの両小委員会での議論を踏まえ、建物などを三次元で作成。橋本駅周辺のイメージ画像では、移転が検討されている相原高校の用地を中心とした地区の土地利用計画などが示された。その中で、京王線橋本駅に関しては、現在の駅の位置から、計画中のリニア改札への距離が300m以上要し、高低差も30m以上あることから、JR橋本駅とリニア駅改札を結ぶ地点への移設が検討されている。今後は京王電鉄や関係機関と協議しながら調整していく考えだ。

 一方、相模原駅周辺においては、現在検討が進むJR横浜線の連続立体交差事業の手法として、高架化と地下化の2案があがっているため、それぞれのイメージ画像を示した。

 市では現在、連続立体交差化に向け、15年10月にJR東日本と「設計協定」を結び、地質に問題がないかなどを調べるボーリング調査を駅周辺の5カ所で実施している。連続立体交差化により、踏切渋滞の解消や同駅の南北を一体的につなぐまちづくりが可能となることなどが期待される。市は更なる事業を進めるため、来年度以降にJR側と「施工協定」を締結することもめざしている。

利便性・賑わいの両立を

 両駅の整備に関して、出席した委員は「交通の利便性を上げるとともに、両駅で人々が滞留し街を楽しめるよう、より具体的な施策を考える必要がある」と、今後の課題を指摘。その中では、両駅間を行き来しやすくするために、路線バス網などを整備することや、両駅の機能を差別化することの重要性なども指摘された。15日の検討委員会では、今回の議論を踏まえた答申案が示される予定だ。

日本墓石店100選の店

峰山霊園ほか墓石施工。安心の地元石材店!

https://satosekizai.co.jp/

<PR>

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

小中一貫 待望の開校式典

相模原市立青和学園

小中一貫 待望の開校式典 教育

市内初の義務教育学校

11月19日号

相模原から世界王者誕生

ボクサー中谷選手

相模原から世界王者誕生 スポーツ

「応援活力に」 有言実行

11月19日号

ソレイユさがみが20周年

ソレイユさがみが20周年 文化

「市民が主役 繋がりに感謝」

11月12日号

花で牧野に元気を

やまなみ公園

花で牧野に元気を 社会

台風後 元気創生会が整備

11月5日号

遊び場づくりで市場調査

子育て支援策

遊び場づくりで市場調査 社会

市民の声受け初の検討

11月5日号

WEリーグ参入決まる

ノジマステラ神奈川相模原

WEリーグ参入決まる スポーツ

日本初 女子プロサッカー

10月29日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク