さがみはら緑区版 掲載号:2016年2月11日号 エリアトップへ

相模原市内インフルエンザ 流行警報 発令中 学級閉鎖数も250超え

社会

掲載号:2016年2月11日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市は2月3日、市内での報告数が急増したとしてインフルエンザ流行発生警報を発令した。市保健所では周囲への感染拡大防止のため、注意を呼び掛けている。

 相模原市では市内39の医療機関を「定点医療機関」と定め、感染症の発生状況を1週間ごとに集計。その1医療機関あたりの報告数によって「注意報」や「警報」を発令している。

 市内のインフルエンザ報告数は、昨年12月までは1未満だったが、今年に入り急増。第1週(1月4日〜10日)が1・59、第2週(1月11日〜17日)が4・71、第3週(1月18日〜24日)が12・18となり、国立感染症研究所が定める「注意報レベル」である10人を超えた。その後も報告数は増え続け、第4週(1月25日〜31日)に33・56を記録し、「インフルエンザ警報」が発令された。この時期の警報は、流行が早かった前シーズンよりも5週間遅いが、平年並み。

 またインフルエンザによる学級閉鎖も市内各地の学校で広がりを見せている。厚生労働省が定める報告開始日(平成27年8月31日)から2月6日までの学級閉鎖数は255学級で、欠席者は2063人におよぶ(地域ごとの欠席者数は左記表参照)。1月30日までの累計学級閉鎖数は105学級。わずか1週間で2・5倍増となっている。

 市保健所疾病対策課では予防策として、外出時のマスクの使用や帰宅時の手洗い・うがいの励行、部屋の加湿や換気などを呼び掛けている。ホームページでも感染症に関する情報を開示しているほか、上手に手を洗える「手洗い歌」や、周囲の人にうつさないための「せきエチケット」なども掲示している。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

多方面からの街づくり

津久井JC

多方面からの街づくり 経済

京都・福寿園社長が講演

10月29日号

SC、熊本を完封

SC、熊本を完封 スポーツ

上位争いは混戦に

10月29日号

「顔より大きいよ」

「顔より大きいよ」 社会

大島幼稚園でイモ掘り

10月29日号

SDGs学ぶゲーム作成

SDGs学ぶゲーム作成 社会

相模原市 普及啓発の一貫

10月29日号

オンラインで開催

認知症サポーター養成講座

オンラインで開催 社会

10月29日号

ハンガリー大使が初来相

ハンガリー大使が初来相 社会

本村市長を表敬訪問

10月29日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク