さがみはら緑区版 掲載号:2016年2月11日号 エリアトップへ

JAXA移転反対活動 3万人署名 国に提出 有志の会 活動に「手応え」

社会

掲載号:2016年2月11日号

  • LINE
  • hatena
署名を提出した(右から)茅会長、植田理事長、河本会長。左端が佐村総括官補=5日、まち・ひと・しごと創生本部
署名を提出した(右から)茅会長、植田理事長、河本会長。左端が佐村総括官補=5日、まち・ひと・しごと創生本部

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパスの移転に反対する活動を続けている淵野辺駅北口の商店街メンバーらを中心とした団体が5日、政府機関の地方移転に関する役割を担う「内閣官房まち・ひと・しごと創生本部」を訪問し、活動で集めた反対署名31,796筆を提出した。今回の移転に関して、市民単位での署名が提出されたのは初めてという。移転機関は3月中に決定する見通し。

 JAXA移転に向けた反対活動を巡っては、昨年9月、JAXAが地方移転の対象機関となったことが市議会で取り上げられたのを受け、同施設を中心にまちづくりを進めてきた大野北地区、とりわけ淵野辺駅北口の商店街メンバーらが中心となって市内での事業の継続を求め、移転反対の署名活動を展開。JAXA移転が市のシティーセールスなどの施策の根幹を揺るがす事態になりかねないことから、市議会、商工会議所、市自治会連合会のほか、市小中学校PTA連絡協議会なども協力に乗り出すなど、反対を巡る動きが次第に活発化していった。 

 街頭での署名活動は昨年12月から4回にわたって実施。淵野辺小学校の児童も、12月に淵野辺駅で行われた署名活動の様子を見学したのを契機に活動に加わることになり、駅利用者に署名を元気に呼びかけたほか、各メディアが活動の様子を報じたことで市民からの反響が大きく、署名は徐々に増加。近隣の自治体にとどまらず、九州などから郵送で届くケースもあるなど地域を越えた広がりを見せる中、有志の会らは1月下旬に署名を集計し、今回の提出にこぎつけた。

 5日は「大野北地区まちづくり会議」の河本博会長、にこにこ星ふちのべ協同組合の植田憲司理事長、署名活動有志の会から茅明夫会長が都内の創生本部を訪問。集まった署名を佐村知子・地方創生総括官補に手渡した。茅会長は本紙の取材に対し、「佐村総括官補からいいニュアンスの話を頂いた」と手応えを口にするとともに、「自分たちだけではここまで集められなかった。皆様のご協力に深く感謝したい。国にはまちづくりの状況を見極めた上でしっかりと決めてほしい」と話し、思いを込めた。

 国は現在、移転機関の絞り込みを進めており、該当する機関を3月中に発表する方針だ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

立民が長友県議擁立へ

次期衆院選県第14区

立民が長友県議擁立へ 政治

選定難航も目途

11月26日号

最新情報を随時更新

さがみはら防災マップ

最新情報を随時更新 社会

電子マップ6年ぶりに刷新

11月26日号

小中一貫 待望の開校式典

相模原市立青和学園

小中一貫 待望の開校式典 教育

市内初の義務教育学校

11月19日号

相模原から世界王者誕生

ボクサー中谷選手

相模原から世界王者誕生 スポーツ

「応援活力に」 有言実行

11月19日号

ソレイユさがみが20周年

ソレイユさがみが20周年 文化

「市民が主役 繋がりに感謝」

11月12日号

遊び場づくりで市場調査

子育て支援策

遊び場づくりで市場調査 社会

市民の声受け初の検討

11月5日号

日本墓石店100選の店

峰山霊園ほか墓石施工。安心の地元石材店!

https://satosekizai.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク