さがみはら緑区版 掲載号:2016年2月18日号 エリアトップへ

レビューショー「ブルーモーメント」の実行委員会を立ち上げた 杉原 くるみさん 南区南台在住 39歳

掲載号:2016年2月18日号

  • LINE
  • hatena

宝塚の華やかさを地元に

 ○…「相模原でも大好きな宝塚のレビューショーを」―。元・宝塚スターを招くため、実行委員会を立ち上げたメンバーの一人。「後援も協賛もわからず始めた素人」と自己評価し、出演者への打診から会場確保、開催告知まで、初めて尽くしの中で地域の人々の支援を得ながら、3月23日の開催にこぎつけた。立案から開催まで4カ月。より大勢に来てもらうため、収益ではなく、売上金を寄付する形での開催を決めた。「当日までやるべきことがいっぱい」。市内各地で打合わせや周知活動に明け暮れる。

 ○…高校時代は体育科に所属し、陸上に打ち込むが、友人の誘いで観劇に興味を持った。その中で出合ったのが「宝塚歌劇団」。最初は各キャストの舞台メイクの違いさえわからない程だったが、東京宝塚劇場に足を運ぶ度、その魅力に取りつかれていった。もともと興味を持つと一途になる性格が高じ、本場の宝塚に通いつめ、同じ公演を何度も観劇する入れ込みよう。「スターの方々の足の長さ、手の動きの美しさ、衣装や舞台の豪華さに夢中になりました」と夢見心地に語る。

 ○…不動産を扱う会社に勤務。業務の中で得た経験や人脈は、イベントの開催や運営にあたり大きく役立っている。体育会系の名残は健在で、ランニングなどでの身体のメンテナンスは欠かせない。「今年はまだ動けないけれど、シーズンが間に合えばスノボに行きたい」と大好きなウィンタースポーツも公演が終わるまではぐっと我慢だ。

 ○…夢に見た地元での宝塚のショー開催。当日までまだまだ安心はできないが、各方面のサポートもあり、地元の一員として実感と感謝を噛みしめる日々だ。公演が成功すれば、ファンがショーを誘致した事例としてどんどん大きなイベントへの成長が期待できる。目標は、2020年の五輪もミュージカルで盛り上げること。憧れの道はいま、始まったばかり。まずは一発、大きな花火を打ち上げる。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

木口 真治さん

神奈川県 県央地域県政総合センターの所長に就任した

木口 真治さん

相模原市出身 56歳

10月22日号

萩原 真澄さん

神奈川県畳工業協同組合相模原支部の支部長についた

萩原 真澄さん

中央区高根在住 57歳

10月15日号

茅 明夫さん

先ごろ発足した「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」の発起人代表を務める

茅 明夫さん

中央区淵野辺在住 70歳

10月8日号

清水 謙二さん

設立30周年目に入った「相模原市ゴルフ協会」の会長を務める

清水 謙二さん

中央区上溝在住 79歳

10月1日号

清水 謙二さん

設立30周年目に入った「相模原市ゴルフ協会」の会長を務める

清水 謙二さん

中央区上溝在住 79歳

9月24日号

浅利 昌男さん

学校法人麻布獣医学園の第16代理事長に就任した

浅利 昌男さん

町田市在住 68歳

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク