さがみはら緑区版 掲載号:2016年3月3日号 エリアトップへ

本沢梅園を所有する相模原市川尻財産区の議長を務める 井上 和重さん 町屋在住 80歳

掲載号:2016年3月3日号

  • LINE
  • hatena

「地域の宝を後世に残したい」

 〇…梅の開花に合わせた春の開園の他、6月に梅酒に適した「梅もぎ取り」が出来ることで有名な本沢梅園。同園を所有する相模原市川尻財産区の議長を務める。本沢梅園は1964年当時、谷戸だった場所を城山発電所の地下建設で発生した残土を用いて、約3haの敷地に造成、1967年から翌年にかけて約1000本の白加賀の梅を植栽して作られた。74年からは梅もぎ取りを開始し、今では県内外から多くの人が訪れ、城山地区を代表する観光資源となっている。人気の要因は同園の梅の品質の良さ。「最近では曽我梅林で有名な小田原や多摩丘陵の梅林関係者が、本沢梅園の梅を研究のために見に来るのですよ」と胸を張る。

 〇…川尻財産区は1955年の川尻・湘南・三澤村の旧城山町への合併に伴い設けられ、財産区議会を設置。現在は8人の議員が選出される。86 haの里山を始めとした土地を所有し、梅園、テニスコート、コミュニティ広場、駐車場などを市に有償で貸与する。「今後は安定的な収入のため、一般企業への貸与も検討していきたいですね」

 〇…青年団やJAの理事など、若いころから地元の多くの団体の役員を引き受け、地域貢献に積極的に関わってきた。「様々な人に助けられてきた」と地元を愛する気持ちは人一倍強く、旧城山町時代には1971年から6期城山町議として奉職。議長まで務めた。建設関係に力を入れて活動し、特に圏央道とIC開通に尽力した。「開通して便利になった現在の状況を感慨深いものがあります」と振り返る。

 〇…城山生まれの城山育ち。現在でも本業の農業に携わり、朝早く起きて都内の市場まで採れたて野菜を販売しに出向くバイタリティを持つ。財産区の議長を務めるのは今年で3期7年目。「今年は初めて梅園の補植を行いました。梅園は地域の宝なので、後世に良い形で残していきたいですね」と話してくれた。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

鎌田 次郎さん

2021シーズンからSC相模原のキャプテンを務める

鎌田 次郎さん

相模原市在住 35歳

2月25日号

安藤 民世さん

行政相談委員として2020年度の総務大臣表彰を受賞した

安藤 民世さん

中央区陽光台在住 75歳

2月18日号

永保 固紀(もとのり)さん

2020年度市民文化表彰を受賞した

永保 固紀(もとのり)さん

中央区水郷田名在住 77歳

2月4日号

伊藤 孝久さん

今年度、市内で唯一文部科学省からスポーツ推進委員功労者表彰を受けた

伊藤 孝久さん

橋本在住 69歳

1月28日号

久保 武史さん

公益社団法人津久井青年会議所(JC)第40代理事長に就任した

久保 武史さん

中野在住 39歳

1月14日号

飯塚 侑さん

1月1日付で公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した

飯塚 侑さん

大島在住 36歳

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク