さがみはら緑区版 掲載号:2016年3月24日号 エリアトップへ

市内の老人ホームなどをまわり、バイオリンを演奏する活動を続ける 宮井 真奈さん 中央区共和在住 18歳

掲載号:2016年3月24日号

  • LINE
  • hatena

音楽で感動を届けたい

 ○…「さくらさくら」や「ふるさと」など日本の古謡・唱歌から、クラシック音楽まで、自らが選んだ曲を施設の利用者らに向けて力強く奏でている。老人ホームの高齢者たちにとっては、孫が来てくれたような感覚にもなるのだろう。「また聞かせてね」と声を掛けられ、中には涙を流す人も。「音楽の記憶はずっと残ると思う。曲を弾いている時に一緒に歌ってくれるのがとても嬉しいんです」

 ○…初めて音楽に触れたのは2、3歳の頃。人見知りだったが、その時だけは積極的になれた。「人に近い綺麗な音を出せる」バイオリンの魅力に取りつかれると、才能は瞬く間に開花。市内や近郊都市の小学生から高校生までを中心とする「相模原ジュニア・オーケストラ」に、最少学年となる小学1年で選ばれた。その後、2年生の頃に現在の活動を開始。きっかけは自身の幼少期、母親が入院先の病院での院内コンサートに感動を覚えたこと。愛娘にも「感動を与える側になってほしい」という父親の勧めからだった。今では依頼を受けることも多く、18歳の少女が奏でる演奏を利用者は心待ちにしている。

 ○…性格は「すごいポジティブ」。壁に当たっても、それを壁とは思わない。人より不安も感じにくい。だからどんなことも長く続く。以前個別塾に通っていた頃、学習成績が上がるどころか下がることがあった。だが、途中で辞めるという考えは浮かばなかった。音楽だって、一度も辞めたいと思ったことはない。お金の面など支え続けてくれた両親に「将来応えられるように頑張りたい」。

 ○…この春から、晴れて大学生の仲間入り。桐朋学園大学で音楽をより深く学ぶ。大学生活にはまだ実感がわかないが、オーケストラや室内楽など、これまでやったことのない分野にも挑戦していく。将来は、「プロのバイオリニスト」に。そして「今の活動も、できる限り継続したい」。音楽で、感動を届け続ける。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

久保 武史さん

公益社団法人津久井青年会議所(JC)第40代理事長に就任した

久保 武史さん

中野在住 39歳

1月14日号

飯塚 侑さん

1月1日付で公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した

飯塚 侑さん

大島在住 36歳

1月7日号

秋山 太郎さん

4人組お笑いユニット「ガーリィレコードチャンネル」として活動する

秋山 太郎さん

南区相模台出身 28歳

1月1日号

岩崎 正さん

11月に、市内の飲食、宿泊組合らが立ち上げた新団体の会長に就いた

岩崎 正さん

町田市在住 60歳

12月24日号

大野 幸治さん

このたび相模原市少年鼓笛バンド連盟の会長に就任した

大野 幸治さん

南区旭町在住 49歳

11月26日号

草野 佑太さん

1月に発足したバスケットボールチーム「相模原プロセス」の代表を務める

草野 佑太さん

南区相模大野在住 23歳

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク