さがみはら緑区版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

老人会や婦人会を訪問し、ボランティアでつるし雛の指導を行っている 落合 昌江さん 長竹在住 68歳

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena

つるし飾りに愛情を込めて

 ○…桃の節句の雛壇の両側に、はぎれで作ったぬいぐるみをつるす、雛のつるし飾り(通称つるし雛)。江戸時代から続くこのつるし雛を、地域の老人会や婦人会などに出向き、ボランティアで指導している。ここ数年、つるし雛の認知度が増し、昨年は10回以上も指導の依頼があった。1回の指導で30人程度を一人で教え、30代から高齢の方まで幅広い女性が真剣に習いにくる。「自分の手で細かい作業を行うことは、色々な利点もあります。私の知識が役に立つのであれば、今後も指導を続けていきたいですね」

 ○…「元々不器用だった」と謙遜するが、結婚後20代の時に手芸を独学で習い始め、つるし雛を始めたのは50歳を過ぎてから。つるし雛が盛んな伊豆稲取温泉に約1年間かけて、月に2・3回習いに出向き、その知識を習得した。「飾りには各々意味があり、子の成長を願う親の深い愛情があるのですよ」と話す飾りはさるや座布団、柿や草履など百十個の種類があり、指導のかたわら一つ一つに込められた意味も説明している。「最近は桃だけでなく、端午の節句のつるしを作る人も増えているので、年が明けてから忙しい毎日ですね」とほほ笑む。

 ○…地元で手芸店を営み、店舗内で希望者には、つるし雛をはじめ、手芸や編み物なども指導する。「ここに来るのが楽しみな人も多く、遠方からも来る人もいるのですよ」。年々集まってくる人が増え、一人で指導しきれない部分もあり、長男のお嫁さんに指導を助けてもらっている。「彼女はつるし雛の技術も素晴らしく、私も年なので頼もしい後継者が出来たと思っています」と喜ぶ。

 ○…長男夫婦と同居し、高校3年と1年、中学2年の3人の孫は女の子で、つるし雛づくりも手伝ってくれる。「若い娘が日本の伝統文化に興味を持ってくれるのは嬉しいことです。今後も続けてくれたら嬉しいですね」と話してくれた。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

久保 武史さん

公益社団法人津久井青年会議所(JC)第40代理事長に就任した

久保 武史さん

中野在住 39歳

1月14日号

飯塚 侑さん

1月1日付で公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した

飯塚 侑さん

大島在住 36歳

1月7日号

秋山 太郎さん

4人組お笑いユニット「ガーリィレコードチャンネル」として活動する

秋山 太郎さん

南区相模台出身 28歳

1月1日号

岩崎 正さん

11月に、市内の飲食、宿泊組合らが立ち上げた新団体の会長に就いた

岩崎 正さん

町田市在住 60歳

12月24日号

大野 幸治さん

このたび相模原市少年鼓笛バンド連盟の会長に就任した

大野 幸治さん

南区旭町在住 49歳

11月26日号

草野 佑太さん

1月に発足したバスケットボールチーム「相模原プロセス」の代表を務める

草野 佑太さん

南区相模大野在住 23歳

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク