さがみはら緑区版 掲載号:2016年6月16日号 エリアトップへ

横山公園多目的施設 来年4月から供用開始へ 球技、催事の場として期待

掲載号:2016年6月16日号

  • LINE
  • hatena
整備が進む陸上競技場跡地
整備が進む陸上競技場跡地

 横山公園内の陸上競技場廃止にともない、2014年から整備が進められてきたサッカーなどの球技やイベント利用ができる「多目的フィールド」が今年度内に完成し、来年4月から供用開始される見通しとなった。施設が供用されれば、市内に拠点を置く4つのホームタウンチームが練習などを通じ、市民と交流する機会の増加が予想され、地域の運動会などにも利用することができることから、市民の間では期待が高まっている。

 日本陸上競技連盟(陸連)の公認だった横山公園内の陸上競技場は1978年に設立。市内の貴重な運動施設として長年にわたり市民に親しまれていた。そうした中、07年には市内最大規模の相模原麻溝公園競技場(現・相模原ギオンスタジアム)の供用が開始されると、08年には陸連の公認規程の改正によって公認が取り消されるなど、公式競技を行う場としての役割を終えつつあった。

 一方で、市内を拠点に活動する4つのホームタウンチームの活躍もあり、市民間でのサッカーをはじめとした球技への人気は年々高まり、環境の整った球技場新設へのニーズが増していった。こうした現状を受け、市では同公園内の陸上競技場の役割を見直し、市内でのニーズが高い球技種目や各種イベントが開催できる人工芝の「多目的フィールド」へ改装する計画を発表。14年から整備を開始した。当初は16年の供用開始をめざしていたが予算が確保できず、1年遅れの17年4月から開始される見通しとなった。

 市によると、同施設は120人規模の観客席、照明設備、防球ネットなどが設けられる予定。ホームタウンチームとの交流イベントのほか、近隣幼稚園、小学校が運動会などで利用するケースも想定されている。過去に陸上競技場で運動会を行っていたエポック保育園(中央区相模原)の榎本秀一園長は「陸上競技場には芝生部分があり、けがの心配が少ないので利用していました。人工芝になる来年4月以降、また利用したいです」と期待を寄せた。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

SIC、新棟竣工と20年祝う

SIC、新棟竣工と20年祝う 経済

「新産業実現へチャレンジ」

9月12日号

「酒蔵×学生」 梅酒が完成

「酒蔵×学生」 梅酒が完成 社会

14日から相模大野で販売

9月12日号

ノジマ、敵地で逆転勝ち

ノジマ、敵地で逆転勝ち スポーツ

FW佐々木が決勝点

9月12日号

初開催で市をPR

初開催で市をPR 文化

地域連合主催の連絡会議

9月12日号

今年も城山で自転車レース

今年も城山で自転車レース スポーツ

登坂競技 参加者を募集

9月12日号

虐待防止へ対応強化

相模原市

虐待防止へ対応強化 社会

県警と全ての情報を共有

9月12日号

「最期」をどう過ごす?

「最期」をどう過ごす? 社会

30日 協同病院の市民講座

9月12日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク