さがみはら緑区版 掲載号:2016年6月16日号 エリアトップへ

市美術館基本構想 2館体制案維持し策定 補正予算に上程の見込み

社会

掲載号:2016年6月16日号

  • LINE
  • hatena

 市はこのほど、文化振興政策の一環として検討を進めている相模原市美術館(仮称)の基本構想を策定した。構想には募集していた市民からのパブリックコメントの一部を反映させたが、建設地については、相模原地区と橋本地区の2館体制の案を維持し、両施設で連携を図っていく方針。

 絵画や写真などの収蔵美術品を常時展示・公開し、地域活性化に繋げるための市美術館。市は現アートラボはしもとの再整備と、相模総合補給廠の一部返還地に美術館を新設することで、芸術文化の総合拠点づくりをめざそうと協議を重ねてきた。

 構想は、今年2月の検討委員会からの答申を受け3月に作成した案をもとに、パブリックコメントの一部を反映した形でまとめられている。パブリックコメントでは構想全体を支持する賛成意見のほかに、市ゆかりの作家の作品収集・保存を生かした事業展開を望む意見が挙がった。一方で、2館体制による機能分散への懸念や、財政負担増を不安視する声もあった。

 これを受け、構想では市出身の写真家・江成常夫氏や画家・岩橋英遠氏などの作品の常設展について明記。2館の特徴を生かした様々な事業展開を図るとともに、財政負担緩和策として民間活力の導入も視野に入れる。

 補給廠一部返還地の新美術館については、収蔵品公開の機会を増やす狙いがある。現在貸しスペースとして利用ニーズが高い相模原市民ギャラリーでは「公開が不十分」との認識を市が持っているためで、施設整備でその充実を図る構え。

 今後はアートラボはしもとの再整備・建て直しが先行。建設費や開館年度などについて具体的な数字は発表していないが、「建設費は10億円はかからないだろう」と市担当者。16年度中の基本設計をめざし、9月議会で補正予算案を上程する見込みだ。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

迫力の取組で観客魅了

迫力の取組で観客魅了 スポーツ

市内巡業 人気力士に歓声

10月17日号

土器2点が市文化財に

土器2点が市文化財に 文化

大日野原遺跡から出土

10月17日号

子どもの力作大集合

子どもの力作大集合 教育

19日・20日 アリオで工作展

10月17日号

障がい者と競技で交流

障がい者と競技で交流 社会

津久井中央RC

10月17日号

まこちゃん手術終え帰国

まこちゃん手術終え帰国 社会

救う会「応援が支えに」

10月17日号

民謡民舞の成果競う

民謡民舞の成果競う 文化

20日 市民会館で

10月17日号

藤野小で交通安全指導

藤野小で交通安全指導 社会

津久井交通安全協会ら

10月17日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク