さがみはら緑区版 掲載号:2016年6月23日号 エリアトップへ

リオ五輪での躍進誓う 加藤選手が市長報告

スポーツ

掲載号:2016年6月23日号

  • LINE
  • hatena
ラグビーボールを手に、笑顔の加藤選手(左)。「本番では必ずメダルを取りたい」と力強く話す姿も印象的だ
ラグビーボールを手に、笑顔の加藤選手(左)。「本番では必ずメダルを取りたい」と力強く話す姿も印象的だ

 8月のリオデジャネイロ五輪出場を決めた女子7人制ラグビー日本代表(サクラセブンズ)候補の加藤慶子選手(三菱重工業相模原製作所在勤/区内在住)が2日、相模原市役所を訪れ、加山俊夫市長に大会出場への意気込みを報告した。

 加藤選手は大阪生まれの27歳。兄の影響でラグビーを始め、法政大学1年次に日本代表に初選出。卒業後は同社で正社員として働きつつ、都内の女子ラグビーチームで汗を流す。

 リオ五輪のアジア予選は昨年11月に開催。サクラセブンズはアジアのライバルであるカザフスタンに一度敗れるも、その後の試合でリベンジを果たし見事に出場権を獲得した。

 報告の場で加藤選手は「五輪に出場することで、女子7人制ラグビーの認知度が上がれば嬉しい」とし、「大会では結果を残したい」と決意を述べた。加山市長は「『サクラセブンズここにあり』と世界に見せつけてほしい。市民一丸で応援したい」と激励した。

 サクラセブンズ日本代表のメンバーは、6月29日に発表される予定。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

新たな「田名地域の足」に

サーティーフォー交通

新たな「田名地域の足」に 社会

一部タクシーの運行開始

2月27日号

地球の資源「みんなで考えて」

地球の資源「みんなで考えて」 教育

作の口小 JAXAと連携授業

2月27日号

五輪PR動画第2弾を公開

五輪PR動画第2弾を公開 スポーツ

観戦ポイントなど紹介

2月27日号

JA本店・中央支店が移転

JA本店・中央支店が移転 経済

地域の新拠点目指す

2月27日号

行政の補助を賢く活用

行政の補助を賢く活用 社会

条件と申請期限の確認を

2月27日号

「市長公室」を新設

「市長公室」を新設 政治

市が組織改編

2月27日号

イベント中止・延期 相次ぐ

イベント中止・延期 相次ぐ 社会

新型肺炎 拡大防止に配慮

2月27日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク