さがみはら緑区版 掲載号:2016年6月23日号 エリアトップへ

5月29日に行われた「箱根ヒルクライム2016」高校生男子チャンピオンクラスで1位に輝いた 櫻庭 悠真さん 城山高校 中央区田名在住 17歳

掲載号:2016年6月23日号

  • LINE
  • hatena

心に秘めた不屈の精神

 ○…山や丘陵の坂道を登りタイムを競う自転車競技・ヒルクライム。その日本大会の一つ「箱根ヒルクライム2016」高校生男子の部で約30人の頂点に輝いた。55分から1時間が平均タイムのところ、45分24秒で走破。最初から先頭集団で走ると心に決め、強気で挑んだ。「50分きればいいと思っていたけど、予想した以上のタイムで嬉しかった」

 ○…中学生の頃、「自転車でどこまでいけるのだろう」と思い立ち、自宅から鎌倉までママチャリを走らせた。「走ること自体が楽しい。どんどんはまっていった」と当時の興奮が今でも冷めやらない。そうした中、初めて出場した奥多摩ヒルクライムでは、思うようなタイムが出ず厳しさを痛感。「もっと練習しないと」と、ひたすら上り坂を登った。レースのお手本にとプロ競技を観戦する中で、ゴール目前でスピードを上げる「ゴールスプリント」に心奪われ、いつしかプロを意識するように。数あるロードレースの中でもヒルクライムが好きなのは、努力が結果に結びつきやすいから。今では「自転車が一番大切なもの」と言い切れる。

 ○…転機となったのは、母の一言だった。プロになりたいと想いを打ち明けた日、「本当に自転車を頑張るなら、積極的にレースに出て成績を残しなさい」と背中を押された。いつもは優しい母の胸を突く言葉が、今大会の出場を後押しした。そして掴んだ栄冠。最近では弟も「お兄ちゃんと自転車に乗りたい」と興味津々。「いつの日か二人で大会に出れたらいいな」

 ○…自転車に乗り始めてから性格が変わった。今まではできないことがあるとすぐに諦めていたが、競技を通じて「できないことは克服しよう」と不屈の精神が芽生え始めた。将来の夢は憧れのプロロードレーサー。自分を変えてくれた自転車と生涯を共にする。「来年は自転車部のある大学に入り、いつの日かツール・ド・フランスで走りたい」。夢は膨らむばかりだ。

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

中牟田 好江さん

ソレイユさがみで「おはなしお楽しみ会」などの子育て支援を行う

中牟田 好江さん

中央区在住 71歳

1月20日号

梅津 賢一さん

公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の第57代理事長に1月1日付で就任した

梅津 賢一さん

下九沢在住 38歳

1月13日号

山崎 勇貴さん

公益社団法人津久井青年会議所(JC)第41代理事長に就任した

山崎 勇貴さん

日連在住 38歳

1月6日号

前川 莉珠(りず)さん

「松竹 JAPAN GP GIRLS CONTEST」で準グランプリに輝いた

前川 莉珠(りず)さん

相模原市在住 17歳

1月1日号

大貫 尚子さん

自身2作目の全国出版となる絵本『たむたむのまほうのことば』を製作した

大貫 尚子さん

中央区上溝在住 49歳

12月23日号

佐藤 聡子さん

令和3年度優良PTA文部科学大臣表彰を受けた津久井養護学校PTAの会長を務める

佐藤 聡子さん

小渕在住

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook