さがみはら緑区版 掲載号:2016年6月23日号 エリアトップへ

広域交流拠点計画案 市、単独事業費600億円 道路整備費などを試算

社会

掲載号:2016年6月23日号

  • LINE
  • hatena
橋本駅南口駅前広場配置案
橋本駅南口駅前広場配置案

 市はこのほど、JR相模原駅と橋本駅を一体的に整備する、広域交流拠点「さがみはら新都心」の整備計画案を策定し、同事業に要する市単独の事業費の試算が約600億円に上ることを市議会議員による「全員協議会」で初めて発表した。計画案には、橋本駅南口の駅前広場の配置案や、相模総合補給廠の一部返還地の(仮称)南北道路を将来的に、さがみ夢大通りに直結させる方針が新たに盛り込まれており、徐々に「新都心」の姿が明らかになってきた。

 今回の計画案は、2014年から協議してきた検討委員会が今年3月に市へ提出した答申の内容を踏まえて作成された。計画案を基に試算された約600億円の内訳はリニア中央新幹線神奈川県駅設置にともなう橋本駅周辺整備に約400億円、相模原駅周辺整備に約200億円。この試算には、鉄道事業者など他の事業主体が関わる「京王線橋本駅」の移設費用などは含まず、市が主導する道路整備などにかかる費用のみを対象とした。市の担当者は「今後の計画変更などに伴い、費用が増減する可能性がある」と話す。

 答申で3案が挙げられていた橋本駅南口の駅前広場については、在来線やバスとの乗り換え面の利便性を重視した案を採用し、関係機関と調整する方針を打ち出した。ただ、同案では駅南口に整備されるイベント場などを備えた「広域交流ゾーン」と飲食店などが連なる「複合都市機能ゾーン」との回遊性が損なわれるため、歩行者デッキで両ゾーンを繋ぐといった工夫を必要とするなど、課題を残した。

 相模総合補給廠の一部返還地と共同使用区域を南北に縦断する南北道路については、JR横浜線を地下化、または高架化する立体交差化が完了した後、相模原駅南口から続く同駅周辺のメインストリートである「さがみ夢大通り」へ直結させる案を採用した。実現すれば、町田街道から相模原駅、さらには上溝、田名方面に一本の道で繋がることとなり、周辺住民にとっては交通利便性の大きな向上が期待される。

南北道路 夢大通りへ直結

 現在市では、他の事業より先行して、南北道路の整備に取り組んでおり、今年度中の着工をめざし警察などと協議を進めている。順調に工事が進めば、JR横浜線の立体交差化が完了する前に、南北道路の供用が開始される見通し。そうなればさがみ夢大通りへの接続を待たずに、歩行者と自転車のみ、駅の南北を行き来できるようになる。

 市は、計画案について7月22日(金)までパブリックコメントを募集し、今年8月をめどに計画として策定する方針。募集の要項や、提出方法、関連する資料などは、市のホームページで案内している。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

子の笑顔 オンラインでも

新型コロナウイルス

子の笑顔 オンラインでも 教育

幼稚園も試行錯誤

5月28日号

54年の歴史に幕

津久井RC

54年の歴史に幕 経済

経済、教育 地域発展に寄与

5月28日号

コロナ対策、5月補正33億

【Web限定記事】 相模原市

コロナ対策、5月補正33億 政治

妊婦、事業者などを支援

5月21日号

手作りマスクに社会意義

【Web限定記事】小規模多機能ホーム「ななかまど」

手作りマスクに社会意義 社会

利用者らが300枚販売

5月21日号

定額給付金 市が受付開始

定額給付金 市が受付開始 経済

早くて5月下旬に振込

5月14日号

福祉事業者 対応に一手

新型コロナウイルス

福祉事業者 対応に一手 社会

ビデオ通話で面会も

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク