さがみはら緑区版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

橋本図書館 母子が笑顔でお見送り 市内在住・加藤さんが制作

文化

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena
作品を前に微笑む加藤千晶さん
作品を前に微笑む加藤千晶さん

 橋本図書館に、赤ん坊を背負った母親を編み物で表現した作品が飾られ、来館者の目を楽しませている。制作したのは市内南区在住の加藤千晶さん(25)。「編み物は魅力的な技法の一つです。多くの方に見て頂ければ」と来館を呼びかける。

 加藤さんは女子美術大学卒の会社員。油絵を専攻していた在学時に「多くの人に親しまれている編み物で作品を作れないか」と、毛糸による編み物の作品を作り始めた。以来、題材にするのは「家族」「働く」など、普段目にすることが多い日常の風景。仕事のかたわら1日1〜2時間、作品作りに取り組んでいる。そうした中、加藤さんと知り合いだった橋本図書館の職員が、編み物で作られた斬新で温かみのある作品に魅せられ図書館での展示を打診。加藤さんも快諾して、4月から展示している。

 今回展示されている作品は『「いってらっしゃい」と「おかえり」の間のドラマ(母)』がタイトル。6月中旬まで展示されていた男性会社員が帰宅する様子を描いた作品との連作で、その第2弾だ。大きさは180cm×180cm。約半年の制作期間をかけてアクリル毛糸と綿糸で丁寧に編まれ、働きに出る旦那さんを見送る母子の優しい表情が印象的な作品だ。加藤さんは「図書館の入り口横の展示スペースという帰り際に目につく場所に展示されています。この作品が図書館という少し特殊な空間と、外の世界をつなぐ良いきっかけになれば」と話す。展示期間は9月7日まで。

 橋本図書館では今後、作品を切り替えながら定期的に加藤さんの作品を展示していく。「素晴らしい作品ばかりなので、ご来館の際にはご覧になって下さい」と同館は話していた。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

子の笑顔 オンラインでも

新型コロナウイルス

子の笑顔 オンラインでも 教育

幼稚園も試行錯誤

5月28日号

54年の歴史に幕

津久井RC

54年の歴史に幕 経済

経済、教育 地域発展に寄与

5月28日号

コロナ対策、5月補正33億

【Web限定記事】 相模原市

コロナ対策、5月補正33億 政治

妊婦、事業者などを支援

5月21日号

手作りマスクに社会意義

【Web限定記事】小規模多機能ホーム「ななかまど」

手作りマスクに社会意義 社会

利用者らが300枚販売

5月21日号

定額給付金 市が受付開始

定額給付金 市が受付開始 経済

早くて5月下旬に振込

5月14日号

福祉事業者 対応に一手

新型コロナウイルス

福祉事業者 対応に一手 社会

ビデオ通話で面会も

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク