さがみはら緑区版 掲載号:2016年7月7日号 エリアトップへ

ひまわりと菜の花を植栽した花畑を制作した「なかざわ夢くらぶ」の代表を務める 八木 哲雄さん 中沢在住 68歳

掲載号:2016年7月7日号

  • LINE
  • hatena

2千の花々で地域活性化

○…夏と春、圏央道城山トンネルの上部付近にある、国が所有する土地を借りて、ボランティアで植栽したひまわりと菜の花、2000株ずつの花畑を開放する市民団体「なかざわ夢くらぶ」の代表を務める。昨夏と今春には100人近くが見学に訪れたこの一般開放。「まだまだ、多くの人に知られていませんが、本当に綺麗なのですよ」と紹介する。今年は8月6日から14日までの期間に開放する予定だ。「期間中は会員が常駐し、暑さをしのげるテントも張ります。大きく咲いた圧巻のひまわりを見に、ご家族でお越し下さい」と呼びかける。

 ○…峰の薬師が有名な観光名所である中沢地区。「中沢に多くの人が訪れる観光資源を一つでも多く作りたい」と、地元有志3人で2010年に同くらぶを発足した。現在は8人に会員も増え、「中沢ふれあい広場」と名付けた土地を開墾し、ひまわりと菜の花をそれぞれ植栽した。普段は鍵がかけられているが、2年前から夏と春の年2回、花が咲く約1週間ずつだけ一般住民にも開放している。「中沢自治会、城山商工会、地域住民の協力でここまでになりました。将来的には中沢を代表する観光名所になれば」と話す。

 ○…中沢生まれの中沢育ち。「湖や里山など豊かな自然に恵まれ、風水被害も少なく、住環境にこれほど恵まれた地域はないです」と地元をこよなく愛する。定年後は地域の民生委員児童委員、自治会など地域活動にも積極的に参加している。「地域の高齢化が進んでいるので、若い世代にこの中沢を良い形で引き継いでいきたいですね」

 ○…妻と母親の3人暮らしだが、2人の息子と娘が近くに住んでおり、3歳から9歳までの7人の孫が毎日のように遊びに来るという。普段は自家菜園作りに従事しており、「孫たちと育てた野菜を収穫するのが一番の楽しみですね」と優しいおじいさんの一面を見せてくれた。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

城ヶ滝 一朗さん

アメリカンフットボール・ノジマ相模原ライズの新ヘッドコーチに就任した

城ヶ滝 一朗さん

中央区相模原在住 42歳

3月26日号

高城 昌孝さん

創刊5周年を迎えたはしもとフリーマガジン「めぐり報」を発行している

高城 昌孝さん

橋本在住 46歳

3月5日号

梶浦 奈緒子さん

日本画家で、岩絵具の普及に努める

梶浦 奈緒子さん

川尻在住 34歳

2月27日号

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月20日号

小方 颯(そう)さん

競泳個人メドレーで1年生ながら高校総体2冠、国体優勝など目覚ましい活躍を見せる

小方 颯(そう)さん

東橋本在住 16歳

2月13日号

五明(ごみょう) 宏人さん

2019年12月に行われた第47回全日本空手道選手権大会・男子組手個人戦で優勝した

五明(ごみょう) 宏人さん

橋本在住 24歳

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク