さがみはら緑区版 掲載号:2016年7月21日号 エリアトップへ

(PR)

橋本駅近くの歯科医院 歯医者の『顕微鏡治療』とは ”正確な診査・診断で個々に適した治療を”

掲載号:2016年7月21日号

  • LINE
  • hatena
顕微鏡を使う遠藤院長
顕微鏡を使う遠藤院長

 患者さんが快適に美味しく食事が出来ることを、最も重視する「エンドウナチュラルデンタルオフィス」。同院が最も力を置く診査、診断を正確に行う為、現在『歯科用顕微鏡』を用いた治療を推進しているという。

 口の中の状態を正確に把握するのに有効な歯科用顕微鏡。現在の全国的導入率は約5%(顕微鏡メーカー調べ)。「近隣でも導入している医院は少ない中、当院は3台設置しています。もちろん、顕微鏡を使用しているからといって、治療がうまくなる訳ではありません」と遠藤院長は前置きするが、「歯科治療は患者さんのお口の中をしっかり把握して、どのタイミングで何の治療を施し、どのような噛み合わせにしていくのかの診断・計画が重要です。その過程で1本1本の歯をいかに削らず、自分の歯をなるべく残していく為には、肉眼で見るよりも正確に診断・治療が出来る歯科用顕微鏡はかかせません」と説明する。

 同院は拡大治療を必須としており、顕微鏡だけでなく8倍の拡大鏡も全医師が併用。また、顕微鏡は治療を動画で録画することが可能で、拡大視野での状態を見せながら説明している。「顕微鏡は拡大率も必要に応じて変更可能なので、治療のバリエーションも広がります、その為、今後も顕微鏡に必要な腕の向上を研鑽していきます」と話した。

Endo Natural Dental Office

相模原市緑区橋本3-12-6

TEL:042-703-4408

http://www.endo-natural-dent.jp

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6

全品最大50%引き

全品最大50%引き

第24回新春お年玉大バーゲン 1月11日(土)・12日(日)

1月9日号

難聴(聞こえの異常)

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

難聴(聞こえの異常)

新百合ヶ丘総合病院

1月9日号

未来を切り拓く飽くなき探求

新春スペシャル対談

未来を切り拓く飽くなき探求

1月9日号

緑区相原に4月1日オープン

介護大手のユニマットグループが運営

緑区相原に4月1日オープン

あいはらグループホームそよ風

1月9日号

30分ボーカル無料体験

大好評

30分ボーカル無料体験

「USボーカル教室」相模原橋本校

1月9日号

LINEで断水情報等を発信

LINEで断水情報等を発信

災害に備え県が登録呼び掛け

1月9日号

「歯科」と「飲食」の連携で健康を考える

「エムズ歯科コピオ」「ビストロマサ極」などを展開『エムズグループ』

「歯科」と「飲食」の連携で健康を考える

令和2年も“健康一番”で

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク