さがみはら緑区版 エリアトップへ

2016年7月の記事一覧

  • 水難事故防止を呼掛け

    津久井消防署

    水難事故防止を呼掛け 社会

    区内キャンプ場で啓発

     津久井消防署は、夏の行楽シーズン中における水の事故を防止するために、「水の事故ゼロキャンペーン」を実施している。昨年圏央道・相模原ICが開通し、同署管内のキャ...(続きを読む)

    7月14日号

  • 多摩方面に2道路接続へ

    多摩方面に2道路接続へ 社会

    都西部との往来活性図る

     市は、JR横浜線相模原駅と橋本駅の間を南北に走る2道路を、東京多摩地域の骨格をなす2つの幹線道路にそれぞれ接続させる計画を立てている。接続が実現すれば、両駅周...(続きを読む)

    7月14日号

  • 城山で謎解き宝探し

    津久井JC

    城山で謎解き宝探し 教育

    8月11日(木) 参加者募集

     津久井JCは、8月第一例会として「みんなで探そう津久井の宝on城山」を8月11日(木)に開催する。 当日は午前8時に津久井湖観光センタ...(続きを読む)

    7月14日号

  • 18歳選挙 参政へ関心促す

    18歳選挙 参政へ関心促す 政治

    高校3年生に模擬投票も

     7月10日(日)に投開票される参議院選挙は、投票できる年齢が満20歳以上から満18歳以上に引き下げて行われる初の国政選挙。これをめぐり、市選管では18・19歳...(続きを読む)

    7月7日号

  • 女性の髪痩せに新発想の薬用育毛剤

    聖マリアンナ医大皮膚科学研究チームが開発 新商品「ふわり」登場

    女性の髪痩せに新発想の薬用育毛剤

    独自の浸透技術で有効成分を毛根まで届ける

     独自の浸透技術ナノキューブを使ったサイエンス化粧品をヒットさせている聖マリアンナ医大のベンチャー企業(株)ナノエッグの皮膚科学研究チームが、新発想の薬用育毛剤...(続きを読む)

    7月7日号

  • 「心房細動の正しい理解を」

    シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

    「心房細動の正しい理解を」

    新百合ヶ丘総合病院

     近年、社会の高齢化とともに心房細動が増えています。心房細動は加齢とともに増加する不整脈で、80歳以上では10人に1人が患っているともいわれます。...(続きを読む)

    7月7日号

  • 七夕飾りで交通安全周知

    七夕飾りで交通安全周知 社会

     津久井警察署(矢部聡署長)では現在、交通安全や事故防止を呼び掛ける七夕飾りが施された、長さ11mの竹=写真=が設置されている。 同署に...(続きを読む)

    7月7日号

  • 手作り品・食品等を販売

    9月25日

    手作り品・食品等を販売 経済

    しろやま得の市 出店者募集

     しろやま得の市実行委員会(細谷邦博委員長)は9月25日(日)、午前10時から午後1時半まで「しろやま得の市〜久保沢の市〜」を、城山総合事務所前道路(通称・役場...(続きを読む)

    7月7日号

  • 八木 哲雄さん

    ひまわりと菜の花を植栽した花畑を制作した「なかざわ夢くらぶ」の代表を務める

    八木 哲雄さん

    中沢在住 68歳

    2千の花々で地域活性化○…夏と春、圏央道城山トンネルの上部付近にある、国が所有する土地を借りて、ボランティアで植栽したひま...(続きを読む)

    7月7日号

  • 悲願のインターハイへ

    相総高江成さん

    悲願のインターハイへ スポーツ

    陸上・800mに出場

     6月17日から20日に行われた全国高等学校総合体育大会陸上競技大会南関東地区予選に、県立相模原総合高校陸上競技部の江成みなみさん(3年/中央区在住)が出場し、...(続きを読む)

    7月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク