さがみはら緑区版 掲載号:2016年8月25日号 エリアトップへ

上溝の写真家則直泰さん 木造校舎を撮り続け20年 子どもの一瞬を後世に

文化

掲載号:2016年8月25日号

  • LINE
  • hatena

 中央区上溝に事務所をおくプロの活動写真家の則直泰さんが、全国の小中学校を巡って全校児童とその校舎を写した写真を撮影している。約20年間で撮った学校は500を超える。「全国を巡る中、子どもの数が年々減ってきていることを感じます。子どもは宝です。私の写真を見て何かを感じて頂ければ」と話す。

 則直さんが小中学校を回り始めたのは1996年。当時1000校近くあった木造校舎が年々減っていく点に注目し「地域の顔でもある学校の校舎と、全校児童が一緒に写っている姿を残したい」と、全国を巡回。これまで撮影した作品の中には、4月に焼失した青根小を始め、廃校になった牧郷小、建て替えられた青野原小など区内の校舎もあり、これまで403校の木造校舎を撮影している。

 そうした中、東京五輪の開催が決定した一昨年から、「世界に向け、日本の子どもたちの姿を発信したい」と木造校舎にこだわらず、最北端に位置していたり、話題性があったりなど、特色のある学校や保育園にまで撮影対象を広げ活動を展開。校舎を背景に全校児童を撮影するスタイルは変えず、撮影頻度を増やして活動を続けている。「都会も田舎も、環境は全く違いますが、子どもの姿は全く変わりません。子どもの素晴らしさを伝えていければ」と則直さんは話す。

礼文島で写真展開催中

 10月末まで北海道礼文島で『1万の瞳・メッセージ展覧会』を開催。20年間のの集大成が展示されている。則直さんは「私の写真は個展やギャラリーでの展覧会という形でなく、通路や学校、待ち合わせ場所など、人が多く集まる場所に展示して、写真に興味がない人に見てもらいたいと思っています。今回、日本のてっぺんでメッセージ展を開催できたので、南下して全国各地で同様のものを開催していきたい」と話した。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

J2残留が目標

6月10日号

広がる「SDGs」の輪

相模原市

広がる「SDGs」の輪 社会

パートナーは279者に

6月10日号

レガシー創出への第一歩

ツアー・オブ・ジャパン

レガシー創出への第一歩 スポーツ

観戦自粛もトップが熱戦

6月3日号

ラポール千寿閣が閉館

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で業績悪化

6月3日号

「景観形成重点地区」に指定

市役所前さくら通り

「景観形成重点地区」に指定 社会

来街者が集う憩いの場へ

5月27日号

若手の発想で課題解決

相模原市

若手の発想で課題解決 社会

中山間地域の可能性模索

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter