さがみはら緑区版 掲載号:2016年9月8日号 エリアトップへ

アメリカンフットボールの日本最高峰・Xリーグ所属のノジマ相模原ライズにQB選手として入団した デビン・ガードナーさん 市内在住 24歳

掲載号:2016年9月8日号

  • LINE
  • hatena

「相模原の代表」胸に挑む

 ○…今季優勝をめざすライズが敢行した大型補強、その最大の目玉選手として入団。チーム最長、193cmのQB(クォーターバック)で現在24歳。通算全米最高勝率を誇る伝統ある名門チーム・ミシガン大学のフットボール部でプレーし、2013年に記録したパス獲得ヤード「503ヤード」は1879年から続く同大学の歴史の中でも歴代最高記録だ。ライズ入団は米国でも報じられるなど、国内外で注目が集まっている。

 ○…フットボールを始めたのは5歳のとき。通っていた教会の関係者だったクラブチームのコーチにスカウトされたのがきっかけ。以来、19年にわたり、フットボールと共に歩んできた。その魅力について、選手個々が役割を全うして初めて成り立つ「最高のチームスポーツ」と表した上で、「フットボールは人生そのもの」と形容する。練習、ゲームを通じ、技術や自信を培ってきたこれまでの道のりの中で、「苦楽ともにあったが、苦しい時にどう道を切り拓くか」を常に考えてきた。その積み重ねでプレーが磨かれ、後に多くのファンを魅了してきた。

 ○…5人兄弟のうちの4番目。家族とはSNSやメールで毎日連絡を取り合う。特に母親は、「生活に問題はないか」と常に心配を寄せる。トレーニングの合間のリラックスタイムは映画や音楽鑑賞にふける。ラップが得意で、動画共有サイトにラップに興じる自身の姿を上げるほど。「シング ア ソング」の問いかけには、笑みを浮かべてはにかんだ。

 ○…研究熱心で、時間の許す限り他チームの試合動画を食い入るように見ては選手の特徴やプレーの分析に努める。すべてはライスボウル(日本一決定戦)で勝つために。「相模原を代表してフィールドに立てることを誇りに思う。私のロングパス、ビッグプレーをぜひ見に来てほしい」と熱いメッセージを送る。ライスボウル出場のあかつきには、親兄弟を日本に呼び、その雄姿を見せるつもりだ。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

川上 泰さん

麻布大学の学長に就任した

川上 泰さん

伊勢原市在住 59歳

1月27日号

中牟田 好江さん

ソレイユさがみで「おはなしお楽しみ会」などの子育て支援を行う

中牟田 好江さん

中央区在住 71歳

1月20日号

梅津 賢一さん

公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の第57代理事長に1月1日付で就任した

梅津 賢一さん

下九沢在住 38歳

1月13日号

山崎 勇貴さん

公益社団法人津久井青年会議所(JC)第41代理事長に就任した

山崎 勇貴さん

日連在住 38歳

1月6日号

前川 莉珠(りず)さん

「松竹 JAPAN GP GIRLS CONTEST」で準グランプリに輝いた

前川 莉珠(りず)さん

相模原市在住 17歳

1月1日号

大貫 尚子さん

自身2作目の全国出版となる絵本『たむたむのまほうのことば』を製作した

大貫 尚子さん

中央区上溝在住 49歳

12月23日号

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook