さがみはら緑区版 掲載号:2016年10月20日号 エリアトップへ

橋本商店街 フリーペーパー創刊 「Bridge」 地域の橋渡しに

社会

掲載号:2016年10月20日号

  • LINE
  • hatena
創刊号を手にする川島大和さん(右)と商店街事務局の上田聡さん=17日
創刊号を手にする川島大和さん(右)と商店街事務局の上田聡さん=17日

 橋本商店街協同組合(古橋裕一理事長)がこのほど、新しいフリーペーパーを創刊した。橋本界隈で活動する人たちにスポットを当て、街の魅力を発信するなどして、商店街の盛り上がりを図る。

 地域の人たちに同商店街をより知ってもらうきっかけづくりとして、参加店舗が限られてしまうケースがあるイベントやフェスなどとは異なった事業を模索していた同組合。当初はスマートフォンのアプリなどを利用する案も出ていたが、商店街の店主や利用者には年配の人も多く、紙媒体のほうがなじみやすいのではないかという意見から、今年の春頃から本格的に創刊の構想を練ってきた。

 フリーペーパーは、同組合の事業として発行。「人と人・店と利用客・橋本と地域」の橋渡しになるようにとの思いを込め、また「橋本」の地名にもちなみ、「Bridge(ブリッジ)」と命名した。創刊号はA4判で全面カラーの8ページ刷り。「Pick up 橋本人」として、橋本の飲食店に勤めているスタッフをフォーカスするほか、リレー形式で看板娘・息子が自身の店の魅力を紹介するコーナーや、今後の同商店街の事業や行事予定などを記載。また、同商店街では従来から学生との連携を図ってきた経緯があり、今回も多摩美術大学の新聞部員が写真撮影や取材、編集を手がけていることから、同大の芸術祭の告知などの情報も掲載されている。

商店街の店舗に設置

 紙面は現在、随時同組合会員の店舗などに設置されている。発行は年4回を目標に、次号は来年1、2月頃を予定。当初部数は1500部。同組合の広報担当を務める川島大和さんは「この紙面でこだわりたいのは、人。橋本で輝いている人を魅力的に見せられれば、店に来てくれる人も増えて、街が盛り上がっていくと思う」と期待を込める。

 フリーペーパーについての問合せは【電話】042・772・2543同組合へ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

5位入賞 「地元に恩返しを」

五輪飛び込み坂井丞選手

5位入賞 「地元に恩返しを」 スポーツ

競技生活は「一区切り」

10月28日号

トイレ改修に個人が寄付

峯の薬師

トイレ改修に個人が寄付 社会

「観光活用に役立てて」

10月28日号

藤島さん、新人戦で優勝

津久井高校ボート部

藤島さん、新人戦で優勝 スポーツ

夢の途中 目標「競輪選手」

10月21日号

相模原の観光 「経営視点で」

相模原の観光 「経営視点で」 経済

協会、5か年計画策定へ

10月21日号

「服を世界の難民に」

市  立青和学園

「服を世界の難民に」 社会

児童たちが寄付呼びかけ

10月14日号

自民立民 一騎打ちの様相

衆院選 神奈川14区・16区

自民立民 一騎打ちの様相 政治

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook