さがみはら緑区版 掲載号:2016年10月20日号 エリアトップへ

相模原映画 撮影2月に 初号試写は3月末見込む

文化

掲載号:2016年10月20日号

  • LINE
  • hatena
現在進行している予告ポスターのビジュアル原案
現在進行している予告ポスターのビジュアル原案

 全ロケ地を市内とし、日本映画史上初めて相模原市そのものを舞台にした映画「ホペイロの憂鬱」のクランクイン(撮影開始)が来年2月6日になることがわかった。同19日には撮影を完了させる見通し。

 同映画は市内在住の作家、井上尚登氏の同名小説が原作。プロサッカー選手の身の回りの管理や用具の整備をするホペイロ(ポルトガル語で用具係)の成長と、チーム内で起きる事件の謎を解き明かしていく様子が描かれたユーモア溢れるミステリー作品。相模原を舞台に、名所やなじみの施設が多数登場する。

 制作を受け持つ(有)フィルム・クラフト(東京都調布市)によると、実働撮影日数は12日程度を予定。撮影完了後の編集を経て、初号試写(関係者による試写)は3月31日になる見込み。キャスティング(配役)については制作サイドが水面下で交渉を続けているところで、近日中に発表予定。

応援する会を発足

 一方で、エキストラや撮影現場の後方支援などでの協力を目的とする市民の応援団員を募り、「ホペイロの憂鬱を応援する会」を11月に発足させる。同会を巡っては市が後援するほか、ホームタウンチームのSC相模原、相模原商工会議所も後援に賛同。文化庁の補助金の助成も決定している。こうした中、映画の周知に弾みをつけるとともに、撮影基盤を固め、円滑な運営を図る上で市民からの応援団員も募ることになった。入会金は3千円で、5千人の入会をめざす構えだ。

 入会申込みは(有)フィルム・クラフト【FAX】03・3488・5646または【メール】kaneko@filmcraft.co.jpへ。プロデューサーを務める小池和洋さん(西橋本在住)は「ぜひ多くの方に入会して頂き、映画を応援してほしい」と呼びかけている。

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチン接種の詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

協同病院へ163万円寄付 

建築関連など35事業者

協同病院へ163万円寄付  社会

サーティーフォー主体に

5月7日号

「名札」なくても大丈夫

大島小

「名札」なくても大丈夫 教育

上履き記名で名前確認

5月7日号

背番号6を引き継いだ成長株

背番号6を引き継いだ成長株 スポーツ

FC町田ゼルビア MF佐野海舟

5月7日号

「夢を形に」地元で奏でる

ピアニスト大塚恵美さん

「夢を形に」地元で奏でる 文化

市民会館で22日に初公演

5月7日号

石澤選手、初防衛に成功

日本ユースミニマム級

石澤選手、初防衛に成功 スポーツ

「めざすはもっと上」

5月7日号

76%宅配の不安解消

76%宅配の不安解消 社会

簡易型宅配の無料配布

5月7日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter