さがみはら緑区版 掲載号:2016年10月20日号 エリアトップへ

相原小で研究発表 授業を公開 80人が訪問

教育

掲載号:2016年10月20日号

  • LINE
  • hatena
ボールを使って発表=14日
ボールを使って発表=14日

 相模原市教育委員会の授業改善研究推進校(第II期)として取組みを進めている市立相原小学校(相原/守屋樹校長・児童数446人)で10月14日、研究発表会が開催され、7学級で公開授業が実施された。教育関係者約80人が訪れた。

 市教委からの委託を受け、平成26年度から3年間、『子どもの「?」を「!」へと高める生活科・理科教育の充実』を研究テーマとして取組んでいる同校。この日の5時間目に、それぞれ児童が取り組んできた単元について授業が公開された。

 6年2組は理科「月と太陽」に取組んだ。児童は「なぜ月の形は日によって変わって見えるのか」というテーマに対して6班に分かれてそれぞれ仮説を立て、体育館や理科室でテニスボールや人を地球・太陽・月に見立てて光を当てるなどして実験、考察を発表した。まとめの時間では「月と地球と太陽の並び方や角度が、月の見え方に関係していると思った」といった考察が児童から出されていた。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

多方面からの街づくり

津久井JC

多方面からの街づくり 経済

京都・福寿園社長が講演

10月29日号

SC、熊本を完封

SC、熊本を完封 スポーツ

上位争いは混戦に

10月29日号

「顔より大きいよ」

「顔より大きいよ」 社会

大島幼稚園でイモ掘り

10月29日号

SDGs学ぶゲーム作成

SDGs学ぶゲーム作成 社会

相模原市 普及啓発の一貫

10月29日号

オンラインで開催

認知症サポーター養成講座

オンラインで開催 社会

10月29日号

ハンガリー大使が初来相

ハンガリー大使が初来相 社会

本村市長を表敬訪問

10月29日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク